· 

十劫の弥陀とカンブリア大爆発

前期無量寿経たる『大阿弥陀経』というお経がある。これは、今まで書いた事がら、とくに十劫正覚の阿弥陀仏について、根底からひっくり返す事がらが記載されている。


それがどういうものかというと、まず『大阿弥陀経』では、阿弥陀仏の誓願は四十八願ではなく二十四願である。そして二十四願を列記する前に、「其曇摩迦菩薩、 至其然後白致得作仏、名阿弥陀仏。最尊智慧勇猛光明無比、今現在所居国土甚快善。 」と仏の光明無比なることを述べた後になっ て、「仏告阿難、阿弥陀作仏己来凡十小劫。所居同土名須摩題。正在西方去是閤浮提地界千億万須弥山仏国。」と、成道十劫の言葉が述べられる。


何が問題なのかというと、『十小劫』というセンテンスが問題なのである。私は今まで、十劫を『十大劫』だと思っていたのだ。仏教では正確な定義は無く、大智度論には、天女が百年に一度、降りてきて14000里の岩を布でひと撫でするとして、岩がすり減って完全になくなっても劫に満たない、とあるが、インドのヨーガ学派では、厳密に、人の1年を神々の1日として(360日とされている)、神々の1(360)を、4つのユガを経過すると、1マハーユガとなる。4つのユガは不等長で、1ユガ=神々の4800360024001200年として1マハーユガは12千年(神々の)である。そして、1000マハーユガを1劫とする。つまり、360×12000×1000=432千万年が1劫なので、10大劫は432億年前となるのだ。しかし、ビッグバン理論によれば、宇宙は138億年前に誕生したので、法蔵比丘が成道したのが、宇宙誕生以前になってしまう。これでは、計算不能、十劫がたんなる心理的な距離に堕してしまい、宇宙誕生より古い星であるメトシェラ星を調べたりしたものの、どうも釈然としなかったのである。ところが、『小劫』となると話しは違う。『小劫』は中劫とも言い、大劫の80分の1の時間なのだ。つまり、432千万年の80分の1なので、5400万年が1小劫。なので、『大阿弥陀経』に記載された10小劫は54千万年となる。


つまり、阿弥陀如来は54千万年前に正覚を得たのだ。これならばビッグバンの前まで遡らなくてよいし、地球だって誕生している。では、54千万年前に地球において何が起こっていたのか?実は、地球史上では、まさしく一大事が起こっていたのである。54千万年前に地球で何が起こったか?そこでは、ビッグバンにも劣らない大爆発が起こっていた。カンブリア大爆発である。これは、爆発と言っても巨大隕石や小惑星や火山が爆発したわけではなく、古生代カンブリア紀に起きた生物進化の大爆発のことだ。およそ54200万年前から53000万年前の間に、突如として今日見られる生物の「門(ボディプラン)」が出そろった現象である。ちょうど、十小劫の昔のことだ。


それ以前は、エディアカラ生物群という軟体生物や、微生物しか存在していなかった。カンブリア紀に入り、突如発生した『眼』を備えた脊椎動物に、エディアカラ生物群は食い尽くされた。それまで、骨も目も無い、パンケーキのような形の軟体生物しかいなかったのに、突如、進化の爆発が起こったのだ。


従来、「カンブリア大爆発」は、カンブリア初期に一斉に生物の全種類が出そろった現象と説明されてきた。カンブリア紀に異質性、つまり生物の遺伝子差異が爆発的に増加し、その後は減少に向かっているという説を、生物学者のスティーヴン・ジェイ・グールドが唱えた。グールドは自然選択では説明できない何らかのメカニズムがそこでは働いたとする。


何かが、地球において、起きたのである。仏教的な説明をするとすれば、法蔵比丘が正覚を得て、阿弥陀仏と成られた、そのくらいの変化が起きた。原始的な生物に何らかのはたらきが作用した。古生物学者のアンドリュー・パーカーは、カンブリア爆発の原因として、有眼生物の誕生による淘汰が原因であると「光スイッチ説」を提唱した。生物の歴史上、はじめて眼持った生物、三葉虫が生まれた。『眼』それは光を感受する期間であり、眼を備えた生物は、捕食や、また天敵から逃げることが容易となった。開眼、という言葉がある。仏像や位牌に魂を入れる、とされる。仏眼を開くのである。開く眼には五種類ある。肉身の所有している「肉眼 」、色界の天人が所有している「天眼」、声聞や縁覚が一切の現象は空であると見抜くことのできる「慧眼 」、菩薩が衆生を救うために一切の法門を見る「法眼」、先の四眼をすべて備えた、5番目の眼、ブッダの「仏眼」である。


54千万年前、進化の始まりにおいて、生物たちには「肉眼」がもたらされた。それにより現在の生物に近い、意識が生成された。それまでの生物は眠ったような意識だった。しかし、肉眼を開くとどうなるか?光を感受できるのである。生物は無量の光を、感受できるようになったのだ。


その後、分子遺伝学の進歩により、いきなりにこのような遺伝子多様化の変化が起こったわけでなく、カンブリア爆発のおよそ3億年前から変化の兆しがあり、繁栄のピークがカンブリア紀にあったという意見が学界での主流となった。即ちカンブリア爆発とされる、化石記録の量的なピークが54千万年前にあり、実際の変化はその3億年前から始まっていたとされる。


と、ここで読者は気づかれるだろうか?五劫思惟至成就、という言葉に。つまり、阿弥陀仏の成道の五劫昔に、未だ法蔵比丘だったころ、グルである世自在王仏の処で、五劫もの間思惟し、誓願を起こしたのだ。五劫は、計算すると27千万年前、つまり変化のあったカンブリア紀の3億年前に極めて近いのである。


さらに、推理を進めるには、この変化の始まった8億年前には、地球に何が起こったか、が重要となる。8億年前に、地球にはやはり一大事が起きていた。これは、学者たちによる月のクレーターの研究から、わかるのである。大阪大学と東京大学の研究グループは2021722日、月周回衛星「かぐや」からの観測データから、約8億年前、100km以上のサイズの小惑星が砕け、50兆トンという大量の隕石が地球と月に降り注いだことを発表した。


100km以上ということは、劫の説明において天女が布で撫でる岩の、少なくとも半分以上のものが落ちてきたことになる。これは、恐竜絶滅の原因になった隕石の3060倍とされている。


この研究では米国のアポロ計画で持ち帰られた月の砂など、複数の場所の砂が調査され、その結果、17にものぼるクレーターは8億年ほど前にできたと明らかになった。生命に不可欠なリンが、現在の濃度のおよそ10倍が海洋にもたらされたとされる。


仏や聖者は喩えをもって真実の実相を語られる。そのままでは民衆には理解できないからである。

これらの大破壊こそは、世自在王仏(シヴァ神)の処と喩えられる、現象なのではないか?十劫の昔つまり5億年4千万年前、さらに遡ること五劫つまり27千万前に、81千万年前の大破壊を仏は巧みな譬喩で、世自在王仏(破壊神シヴァ)の相と喩える。その時に、法蔵比丘とされる何らかのはたらきが、この地球に訪れた。そして、五劫(27千万年)が経過し、そのはたらきが果実となり、正覚を得た(と表現される)十劫昔、カンブリア紀に地球上で生命の多様性、進化の大爆発が起きたのである。阿弥陀仏に象徴される何者かは、私たち生命体の開眼をして、つまり『眼』を与えた、つまるところは『光』を与えたのだ。そして、無数の『いのち』の多様性を。