· 

無量寿星メトシェラ

HD 140283」別名メトシェラ星という星がある。地球から約200光年の距離にあるてんびん座のHD140283という星は、推定年齢が160億年とされ、NASAの科学者たちによる計算修正の後も150億年から140億年ほどの年齢とされた。もっともこの計算はNASAが因果関係を通すため酸素の量の見積りを増やすなどかなり強引な計算をしており、様々な批判を浴びた。しかし、どう計算しても数億年の誤差でメトシェラ星のほうが古いのだ。

この星は聖書の中に出てくる最高齢の人物の名前であるメトシェラをとってメトシェラ星とも呼ばれているが、ビッグバンによる宇宙誕生が138億年前なので、それよりも20億年古いとされた宇宙最古の星がメトシェラ星である。ビッグバンより古い星など、物理的に存在しないはずであるため、現代の科学者は皆、首を傾げたわけである。


1劫は432千万年なので、メトシェラ星の寿命の160億年は約4劫弱というところであろうか私は長年、阿弥陀仏が十劫昔に悟った、つまり432億年前に悟ったことは科学的に、物理学的におかしいのではないか?と思っていたが、「宇宙そのものより古いものはある」と証明されたのである。


てんびん座には他にもHE1523-0901という推定年齢132億年の赤色巨星が存在しており、てんびん座の方角には何かがある、この宇宙の起源のようなものが、と私が思うには十分であった。


そこで、お馴染みの天文ソフトステラリウムで、紀元前544年のウェーサーカ月、つまり太陽暦321日から2か月目の満月の夜半、つまり釈尊が入滅されたクシナガラ(26.45 N, 83.24 E)の西の空を見てみたのである。満月の夜は521日の夜であった。画像を見てほしい、深夜2時ごろ、てんびん座が木星を伴って西の空に見える。


極楽浄土は西方に十万億土を過ぎたところにあるというが、西方とはてんびん座の方角ではないか?


ステラリウムでは20時ごろに双子座が西方に沈み、真夜中の2時ごろにてんびん座が沈む。釈迦讃には「尸那城の跋提河 娑羅林双樹の下に在して 頭北面西右脇臥 二月十五夜の半に滅す」とある。夜半は、中夜ということなので、22時から2時までの時間であろうか?0時から2時まではてんびん座が西の空にかかる。18時の宵いには双子座が西天にかかるので、おそらくは観音勢至が双子座に該当する。脇侍が先に静々と降りてきて、その後にご本尊の阿弥陀仏が来る。最古の無量寿の星が来迎する。


というのも、親鸞の妻である恵信尼の覚醒夢にそのことが記されているからである。恵信尼消息にはその夢告がリアリティをもって記されている。


さて、常陸(茨城県)の下妻に幸井郷というところ

があり、そこにおりましたとき、次のような夢を見ました。 それは、お堂の落慶供養のようでした。お堂は東向きに建てられていましたが、

宵祭りらしく、お堂の前には松明(たいまつ)が明るく周囲を照らしていました。その松明の西、お堂の前に鳥井のような横木を渡したものに、仏さまのお御影像をお 掛けしてあります。一体は普通の仏さまのお顔ではなくて、ただ光り輝くばかりで、 それは仏さまの頭から発する光のようでした。そのため、本当のお姿は見えないで、ただお光だけしか目に入りませんでした。今一体の御影は、確かに仏さまのお顔をしておられたので、「これは何という仏さまでございますか」とお尋ねします と、お答えくださったお方はどなたか分かりませんでしたが、「あの光ばかりしか 見えない御影は、あれは法然聖人でございます。勢至菩薩さまですよ」と申され ました。

「それでは、もう一体の御影は」とお尋ねしますと、「あれは観音菩薩さまでご ざいます。あれこそ善信(親鸞)の御房ですよ」というのを聞いたと思ったとき目 が覚めて、これは夢であったと分かりました。


この恵信尼消息の、宵祭りにおいて、仏尊の一体は光り輝き、もう一体はやや暗く輪郭の捉えられるという表記が、どうも双子座のポルックスとカストルを暗示しているようでならない。ポルックスは明るく、カストルはやや暗い。脇侍の星たちが、観音勢至が、先に来ているのである。知恩院の阿弥陀二十五菩薩来迎図と同じ構成だ。


双子座の後にてんびん座が来る。宇宙より古いメトシェラ星を含む星座が。無量寿仏が来迎する。