· 

仏教徒の闘争の是非

 浄土真宗の歴史は一向一揆の歴史と言っても過言ではない。仏教徒の武装は、比叡山の僧兵から始まったが、正面きって信長などの大名と戦争までしたのは本願寺門徒だけであろう。そこには、蓮如上人の御文による、通信革命あり、また、兵器の技術革新もあった。本願寺側の戦力、雑賀衆のような鉄砲傭兵の活躍はそれに因る。火縄銃も日本の戦国時代において魔改造され、ヨーロッパ人もびっくりなものになっていたらしい。戦国時代末期には日本は50万丁以上を所持していたともいわれ、当時世界最大の銃保有国であった。


 伝来後に日本において引き金にバネを用いる改造がおこなわれ、それまでにはなかった瞬発式火縄銃となり命中率が向上した。すなわち、火縄の火力を瞬時に火薬に点火させるため、引き金に連動する毛抜き式弾梯の点火装置をともない、火挟みのなかの火縄を、引き金とともに瞬時にバネの力で火薬に叩きつけ点火する仕組みである。それに対し、当時のヨーロッパ製の銃は引き金が火挟みに連結する緩発式火縄銃である。ヨーロッパで瞬発式が採用されるのは17世紀にフリントロック式発火装置が考案されて以降のことである。銃身においても、日本の筒部は錬鉄を鍛造したものをベースとしており、瞬発力においても火薬の爆発力においてもヨーロッパ製のものより高性能のものが用いられていた。


 こうした兵器の革新や、そもそも武装闘争そのものの是認がなくては、一向一揆は成功しなかっただろう。百年も続く百姓の持ちたる国、仏教共和国は武装闘争により成り立ったのである。


大般涅槃経巻三金剛身品第二によれば


「善男子・正法を護持せん者は五戒を受けず威儀を修せずして応に刀剣・弓箭・鉾槊を持つべし」


「五戒を受けざれども正法を護るを為て乃ち大乗と名く正法を護る者は応に刀剣・器杖を執持すべし」


「弓箭・刀杖を帯して悪法の比丘を治し正法の比丘を守護せん者は、先世の四重五逆を滅して必ず無上道を証せんと定め給う。」


とある。涅槃経は武装闘争は前世の五逆の大罪すら滅すると言っている。滅罪としての武装闘争は明らかに是なのである。つまり、修行する比丘、比丘尼、檀信徒、門徒、仏教者、正法を守るためには武装して守護すべし、それは滅罪となる、と涅槃経は言っている。


 しかし、仏教徒が悪い国に武器を持って立ち上がるにしろ、例えばその国に住む他の動植物や悪権力には関係ない人には配慮が必要だと思う。例えば、爆弾や放火などは、仏教弾圧に関しては全く罪のない衆生が巻き添えを食うのでダメだろう。とくに焼夷弾や原爆は土中の微生物まで死ぬので、仏教徒の闘争の手段としては最悪だろう。一殺多生は何も人間の範疇に留まったことではない。こうしたペンペン草も残らないような聖絶、つまりジェノサイドは、一神教や共産主義などユダヤ系の思想から出たものがやることである。