· 

仏教徒から民族主義者への回答3


 死滅への恐怖(無明)から正反対に突っ走っているのが生命体(有情)ならば、その恐怖を無くしてしまえば、生命体は存続しなくなるだろうし、種族自体が滅亡を何とも思わないのならば、滅亡は必至である。人類は恐竜のように地球上からいなくなるだろう。しかし、恐怖心(無明)は起こるだろうし、それは生命体としてしょうがないことだ。


 死滅への恐怖(無明)が、子の誕生により軽減するものならば、まさしく生命はうまくできている。生命の畑を耕せば、実り()が生じる。親は遺伝子の軛から解き放たれ阿羅漢果を得る。子を造ったものたちは、もはや自分は抜け殻であり、実は娑婆世界に播かれた。死を待ち、二度と再生しないことを望む心境にはなりやすいだろう。しかし、実際には子の存続を願い始めると、また様々な苦しみが生ずるだろう。


 作戦はひと段落ついた、と遺伝子を油断させるところにあるかもしれない。遺伝子の生存プログラミングが解除されることにより、乳粥に貪りを感じず、味もまたしなかったのかもしれない。思うに、チュンダの料理にも危険な味がわからなかったために完食してしまい、般涅槃に至る原因になったとも推測できる。遺伝子の鎖が破壊されているので、危険な味もわからなかったのでは?彼岸のものは果たして、此岸の感受を受けるか?というのは疑問である。もはや、悟った彼は生命体ではないのだ。


 ただ、生命体にはロックがかかっている、恐怖(無明)が尽きるのは子供が誕生した後の場合が多いようだ。釈尊しかり、龍樹大士は呪術で透明人間になり、王宮の王妃たちを孕ませる失敗の後に、仏道を志した。


 予め子を造ることなく、その境地に到達するものもいるだろう。遺伝子欲求の希薄なものたちである。こういう人たちは、自殺しやすい。世界では年間で80万人の人が自殺している。もし、予め子を造ることなく、戒律を子供の時から守るような社会ができれば人口は激減する。それは、地球環境にとっても良いことかもしれない。未だ生まれていないうちに不生が決定するならよいが、今、已に生まれて老いつつある人たちはどうするのだろうか?今や、終活という言葉もあり、また孤独死する老人も多い。ターミナルケアやビハーラがクローズアップされている。宗教、葬儀業界、特殊清掃業界もそれに合わせて、変化してきている。必要なのは死に場所であろう。じっとりとした不快な病室で、アパートの一室で孤独に、死を待つのはつらく、過去の感覚の鮮明だったころの追憶にふける老人たちを思う。死に場所、死すべき時期を逸した、彼らに救いはあるのだろうか?己が無となり二度と再生しないことは幸福である、その理解に到達するものは少なく、外道の天国や、異世界転生や、また人に生まれ変わることを孤独な病室で思うのだろう。これは精神的な延命だ。或いは、子供や孫の繁栄を願う。これは肉体的な延命だ。


 しかし、それはゲルマン民族にしろ漢民族にしろ大和民族にしろ、永遠の繁栄を祝う民族主義者たちにはありがたくないものだろう。少数のマイノリティを生贄に永遠の繁栄を祝うのは、民族主義者たちの常套手段であるし、ナチスとユダヤ、大日本帝国と朝鮮、中共とチベット、ウイグルを見れば歴史は繰り返すということがわかるだろう。原理自体が平等なものではない、今の中国共産党は共産主義ですらなく、スターリン主義の独裁国家でしかない。一国社会主義と言いつつも、ウイグルを解放すると言いつつ近づいて、男性を殺して漢民族男性にウイグル女性を孕ませる、たいした生存志向だが、漢民族は生存本能、言い換えれば死滅への恐怖(無明)が多大な遺伝子傾向であるために、不老不死などの「仙道」が発展してきた。曇鸞は「仙経」を焼き捨てて菩提流支の浄土教に帰依したが、自らの無明(死への恐怖)、行(生存志向)に気づいたのかもしれない。


 自らの生存欲求を焼き捨てて、浄土を目指す不断なる活動が必要である。生命体の、生存欲求に根差した差別や弾圧、一部の人たちの繁栄は絶えず起こるものだが、彼らは不平等の柵を越えられないものとする統制により、自分たちの生存を安定させる権力の塔(バビロン)を建てようとしている。この権力の塔を揺るがす闘争は、そのまま菩薩の修行であり、己が生存を投げ捨てて、死の恐怖を超克する仏の兵士は必ずや浄土に到達する。必要なのは死に場所だ、老人ホームや病室で五欲の楽の追憶に耽っていては往生もおぼつかない。阿弥陀仏の浄土には修羅道のものはいる、とあるので、これらの闘争に身を投げ打ち死ぬ人は皆、極楽浄土に到達する。


 涅槃経の第三には「善男子・正法を護持せん者は五戒を受けず威儀を修せずして応に刀剣・弓箭・鉾槊を持つべし」とある。


 あえて戒律を受けない道もあるのだ。思うに、法然、親鸞と本願を選択したのは、仏の兵士を育てようとした、とも思う。戦闘に際してのんびりと観想している暇はない。農民の敵は年貢を課すお上である。法然は後に、一向一揆が生ずるのも予見していたのではないか?故に法然は島流しになった。親鸞はその教えを徹底した。逃走中、戦闘中に仏像は持ち運べないので、名号を礼拝した。親鸞の公的な記録は一切無い。朝廷や幕府にとって都合が悪いからである。


「弥陀の本願には老少善悪のひとをえらばれず」ー歎異抄


 本願の前には皆、平等だ。不平等の柵、カースト、階級の塔(タワー)は仏教に反するものである。これらの権力のタワーを揺るがし、倒すのは、平等な横の力、その波及であるところの分散ネットワークしかない。ネットワークは階層性を侵食するが、このようなネットワークをファーガソンはスクエア(広場)と呼んだ。人類の歴史はタワー(権力)とスクエア(平等)のせめぎ合いであるという論考である。ネットワークは通信手段の発達により広まり、このような広まりを伝道とも広宣流布とも言う。テクノロジーの発達は横軸のネットワークの発達を促す。良い例が蓮如上人の手紙を用いた伝道である。これは、御文、御文章とも言われるが、この伝道上の発明は浄土真宗教団という、強力なネットワークを作り出すことに成功した。このネットワークでは武士から農民までが階級無く平等であり、やがて信長という天下人の塔を揺るがすことになる(石山合戦)


 死力を尽くして戦え、そうすれば浄土はこの世に降りて来る。進者往生極楽 退者無限地獄(進めば極楽、退くは地獄)。