· 

謹賀新年

2021年、あけましておめでとうございます。コロナ禍なので、おめでたくもないですね。

元旦からの1週間、思ったことをつらつらと。

人は相手の願いを叶えようと、その願望の姿をとろうとします。
様々な人の様々な願いは重なるのが難しいですが。仏や天部の神々しかり、衆生の願望のあらわれ。我々ですら父母や先祖の願望のあらわれだったりします。そう思うと他者の願望で構成された私、なんて思い当たります。他に依って生起しており、他者の願望を剥ぎ取ったら、自分なんて無いのかもしれません。問題はその願望がいつの時代から残っているか。


私の思った、と思っていることは、他者の感情やエネルギーを反映したものです。自分をゼロにしたって、いつのまにか他者の思念を自分のものとしてます。自分なんていう単位は無いとすれば、願望を発する当人たちは有るのだろうか?


正月には取り留めのないことを考えてしまいます。


閑話休題。阿弥陀さんの話しを少々。


世自在王仏がシヴァをモデルにしているのならば、願いを叶える存在とされてもおかしくありません。となれば、法蔵比丘の制約と願望は、どう働いているのか?念仏に重きを置く宗派では呪術を禁じてますが、どうも呪術的です。漫画を例にすれば、ハンターハンターのクラピカやゴンの誓約と念能力、呪術廻戦における「縛り」や情報開示が術者の能力を底上げすることを考えれば、その誓約によりエンペラータイムなり、強制的成長なり、無量空処なり、天与呪縛のフィジカル能力なりを得るわけです。


法蔵比丘を世自在王仏を勧請したサマナーみたいな者と考えると、わかりやすいかなー、と。


念仏者は法蔵比丘と世自在王仏の「契約」を重んじています。誓約、つまり犠牲になるものは、法蔵比丘じしんの「悟り」であり、願望は「極楽浄土」の建立です。さてはて…我々、大経の読者はその誓約と願望を信じることにより、ある種、法蔵比丘を世自在王仏へ生贄にしているようなところがあります。