· 

方便としての爬虫類人種論

自分をよくしたい、自己保存、自己を美しく高貴にしたい、から修行するのか?よりすばらしい状態になりたいから?天人五衰という言葉がある。人は、あらゆる生物は、消滅への恐怖のため、形成作用をもって、自己の肉体や精神の保存を図る。自己保存、延命は、消滅への恐怖を原因とした結果である。不老長寿を求める仙道や、美容のための気功、強さのための武術気功も、冨貴を求める風水も、美容は種の保存のため異性を惹きつけたい本能の結果、強さは自己やその分身である子供やそれを産んでくれる女を守るため、冨貴も自分や一族が飢えないために必要なのだ。つまり、完全消滅からの距離を遠く置きたいがために、化粧、服装、医療、教育、兵器、経済、農業、狩猟、牧畜は発展してきた。


消滅への恐怖こそは、根本無明であり、それに対する悪足あがきの結果が現在の人類である。仏教や一部の外道は、逆にその消滅を目標として、輪廻からの脱却という思想を教えとして、様々な方便を考えた。本来ならあり得ない、消滅や死へ向かう思想を、うまく人間の文化に混ぜていったのである。死後の永続を願う天国思想を完全消滅である涅槃までの修行場としての浄土にすり替えた。あらゆる有情が消滅を安楽の元に受け入れる思想を流布するために、逆にあらゆる有情が涅槃に赴くまでは、自分はあえて消滅しない菩薩なるものをひねくり出した。消滅への反動のために肉体レベルで働く形成作用であるところの生殖行為を、戒律により否定する僧侶という生き方を定着させた。生存に有利であるところのあらゆる行為をせずに只、座って無為に過ごす禅を編み出した。


仏教は、祭祀や供養をして、神々やアッラーなどの上位存在からご褒美を貰う宗教とは根本的に違う。しかし、仏教でない外道の中でも、中々に仏教的な方便に似たようなものがある。所謂、異端とされたボゴミル派やカタリ派などの、この世は悪の神が創作した理不尽な産物であり、そのために真の神がキリストを遣わしたとして、繁栄を約束する旧約の神を否定した。彼らは物質や肉体は邪悪な創作物としているので子孫を造らない。それでも、個我の精神的な永続性を求める天国思想だったのは残念。


また、近年はその隔世遺伝的な学派が登場した。ゼカリア・シッチンにより主張された、アヌンナキなどのシュメールの神々や、デビット・アイクの主張する爬虫類人類、いわゆるレプティリアンに我々人類は遺伝子的操作を受けたというもの。これらの学派の主張するアヌンナキやレプティリアンが、本当に存在するかどうかはどっちでもよい。ただ、人類が家畜であり、畑のキャベツであり、SEXを面倒くさがる高等宇宙人に創作された年中繁殖可能な猿だとしたら。また、彼らの遺伝子が猿たちに混入されていたら少なくとも自己保存欲求や、一族の繁栄欲求は減退するに違いない。少なくとも肉体レベルの形成作用である〈生殖〉には疑問を抱くだろう。見事な方便だと想う。我々よりわかっていない、人類よりも消滅への恐怖を抱いているであろう高次元存在に全責任をなすりつけることができるし。