· 

弥陀とベテルギウス爆発

前頁では阿弥陀仏の正体を推理するにあたって、アルデバランとそのエイリアンについて焦点をあてたが、紅頗黎色の恒星は西に二つある。もう一つの候補がベテルギウスだが、気になるニュースが飛び込んできた。


『CNN2019.12.27 Fri posted at 14:50 JST

冬の夜空に赤く輝くオリオン座のベテルギウスが、この数カ月間で急激にその明るさを失っているとする観測結果がこのほど発表された。天文学者らは超新星爆発を起こす前触れの可能性があると指摘している。

ベテルギウスに関する論文を今月8日に発表した米ビラノバ大学のエド・ガイナン教授は、CNNの取材に答え、ベテルギウスの明るさが10月以降著しく低下していると述べた。現在は通常時の2.5分の1程度の明るさで、夜空の星の中で23番目前後の順位に下がった。一時期は9番目に明るい星だったという。

ガイナン氏らのチームは、ベテルギウスを1980年から継続的に観測している。過去50年間でこれほど急激に暗くなったことはないため、何か尋常でない事態が起きようとしている可能性があると考えられる。

ガイナン氏は超新星爆発に向かう段階にあることを示唆したが、そうした動きは星の深層部で起こる。極めて巨大なベテルギウスの場合、観測によってその過程を明らかにするのは不可能だ。

ベテルギウスは地球からの距離が約700光年と、太陽系を含む銀河系の中でかなり近くにある恒星の1つ。誕生から900万年ほどが経過しているとされる。通常、このサイズの星が1000万年を超えて存在し続けることはなく、今後20万~30万年の間に超新星爆発を起こしてその一生を終えるとガイナン氏は見ている。

これまでにもベテルギウスは一定の周期で明るさを変えていたが、今回は過去数年と比べ劇的なペースで輝きを失っている。数学モデルに従えば来月半ばには暗くなる周期が終了するものの、ガイナン氏によると再び明るくなるかどうかは必ずしも断定できないという。

実際に超新星爆発が起きれば、昼でも肉眼で見えるくらいの明るさになるとガイナン氏は指摘。そのときは赤かったベテルギウスが青い光となって3~4カ月輝き続ける。完全に消えるまでには、およそ1年かかるとみられる。

爆発で地球の生命に直接危険が及ぶことはないが、放射された紫外線が大気中のオゾン層を破壊する可能性がある。』


阿弥陀仏は無量光仏、無限の光の仏とも言われて、その光は太陽や月の光を超えている、と言われている。西の方角をお釈迦様が入滅の際に顔を向け、大経では阿弥陀仏とその十二の光について説かれている。



その光は十二の光に喩えられる。それぞれ、十二の異名がある。日本では平安時代後期から、光背に化仏の形で造顕されることがある。


無量光仏・無辺光仏・無碍光仏・無対光仏・焔王光仏・清浄光仏・歓喜光仏・智慧光仏・不断光仏仏・難思光仏・無称光仏・超日月光仏 


曇鸞大師は『讃阿弥陀仏偈』十二光のひとつひとつを阿弥陀仏の徳にあてはめて讃嘆せられ、親鸞聖人も『浄土和讃』のはじめにこれを讃じてある。また親鸞聖人の『銘文』には、『首楞厳経』の十二如来と『大経』の十二光仏とは同じであり、十二光仏が一劫に一仏ずつ順次世に出現されるとある。



阿弥陀仏の属性が光なのには理由があると思うのだ。一つは、阿弥陀仏の原型がミトラ神にあるということ。これは、弥陀の48誓願が、契約、約束の神であるミトラらしいということ。もう一つは後で書くが、摩多羅神との関係だ。ご存知なさる方もいるかもしれないが、摩多羅神は念仏の守護者でもある。摩多羅=ミトラというのは、暗黙の了解と言ってよい。ミトラは光明神である。


そして、物質世界にもその顕れは現出する。それが、ベテルギウスの超新星爆発だとしてもおかしくはない。ただ、その影響は地球環境や人類の意識に大きなものがありそうだ。グレタさんが地球環境のジャンヌ・ダルクのように現れたのも、いよいよの感覚がある。