燃えよドラゴン

一発の銃弾により、第一次世界大戦は始まった。また、一発の銃弾が大きな動乱を生むきっかけになりそうだ。


中国建国70周年を迎えた101日、香港各地で「国難の日」と位置づけた抗議活動が激化した。香港紙「東方日報」(電子版)によると、郊外の荃湾(せんわん)地区であった衝突で警官が発射した実弾が高校2年の男子生徒(18)の左胸に命中し、病院に搬送されたが重体だという。実弾発砲による負傷者は「逃亡犯条例」改正案を巡る一連の抗議行動で初めて。


天安門といい、チベット民族、仏教への弾圧、ウイグル民族への民族浄化、香港、台湾への弾圧、他、キリスト教、イスラム教、法輪功など全ての宗教への迫害。中国共産党の罪は天まで積もっているといっても過言ではない。冗談ではなく、中国共産党には無くなってほしい。もう、中国には共産党独裁なんて必要ない。梯子は、ある段階まで来たら、必要なくなるのだ。マルクスの時代にはAIも仮想通貨もなかったのだから。アメリカのように、二大政党にして、ちゃんと選挙とかしたほうがいいよ。


不謹慎かもしれないが、高校生が死亡してしまったら、ほんとうに香港は炎上してしまうだろう。これが本当の「燃えよドラゴン」である。香港市民にはブルース・リーのような戦いっぷりを期待している。


ドラゴンと言えば、竜の血脈、ブルーブラッドを継承しているのはアジアでは、天皇陛下とダライ・ラマくらいだろう。


日本民族とチベット民族は共に、ハプログループD遺伝子を保有している。


ハプログループD (Y染色体)(ハプログループD (Yせんしょくたい)、英:Haplogroup D (Y-DNA))とは、分子人類学で用いられる、人類のY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、YAPと呼ばれる変異の型を持つもののうちの「CTS3946」に定義されるものである。現在、このハプログループDは、日本、チベット、アンダマン諸島に高頻度に観察されるほかは、アジア、アフリカの極めて限られた地域で散発的にしか見つかっていない。他の、例えば中国や朝鮮で主流のハプログループO系統や他ユーラシア系統とは分岐くら七万年以上の隔たりがある。


ハプログループDはドラゴンのDである。真のアーリア人種とは、このD系統なのだ。


天皇とダライ・ラマは龍の血脈を継承している。アジアにおける、その二つの柱を異常に敵視しているのが中華人民共和国(PRC)であり、共産主義であり、北朝鮮である。