· 

緊那羅天皇

鷲谷日顕はさらに、日本人、特に天皇家の祖先が緊那羅(キンナラ)であることを主張している。さて、キンナラとは何者であろうか?


サンスクリット語ではKiṃnara。漢字ではあまり区別しないが、女性の緊那羅は、サンスクリット語でキンナリー (Kiṃnarī)と呼ぶ。漢訳で人非人、疑神の意味とされるが、緊はjinと中国語では発音する。jinはjin(近い)にも通ずる。naraはサンスクリット語で人間の意味なので、中国語とサンスクリット語を合わせれば、人間に近いもの、とも解釈できる。


インド神話においては、音楽の神々とされ、仏教では天竜八部衆。密教では、胎蔵界曼荼羅の外金剛部院北方に配せられている。乾闥婆と対をなす帝釈天の眷属である。ボーカルが緊那羅、楽器は乾闥婆という構成らしい。音楽の神である緊那羅は特に歌が美しいことで有名なのだ。『大樹緊那羅所問経』に、香山の大樹緊那羅がお釈迦さまの前で8万4千の音楽を演奏したところ、摩訶迦葉がその妙なる調べに我慢できず、立ち上がって踊ってしまった、とある。なんともユーモラスな光景である。


さて、キンナラの発生起源は夜叉と共にブラフマーの爪先から生まれたとされる。インド神話ではカイラス山の天界で、クベーラ神の楽師として音楽を奏でているとされる。


外見については、キンナラ(男性の緊那羅)は、半人半馬であり、馬頭人身とも、人頭馬身とも言われる。が、人身馬頭であると乾闥婆との分別がつかない。タイなど東南アジアでは、キンナリーは明確に半人半鳥とされ、下半身が鳥である。キンナリーは美しい天女であり、水浴びなどをすることもあり、天女の羽衣の神話のモチーフでもある。


音楽ばかりだと思うなかれ。緊那羅はカンフーの守護神でもある。少林寺において護法伽藍菩薩として祀られており…少林寺には緊那羅王を荘厳した場所がある。「河南府志」によると、紅巾の乱の時に、寺男がカンフーと棒術で紅巾軍を追い払った。棒は飯炊き用の竃に使う火かき棒。自ら緊那羅王を名乗り、戦う時には、数十丈も身長が伸びて巨人のようになったという。僧たちはそれを記念して彼を祀り、カンフーの守護神とした。


キンナラは、神にも人にも畜生(鳥)にも当たらない、半身半獣の生物とされるため人非人ともいう。この決定不可能性はミノタウルスやゾンビ、人魚、鵺、乾闥婆(ガンダルヴァ)を思わせる。彼らは分類のできない性質を持つ。蜃気楼のような性質である。余談だが、乾闥婆はサンスクリット語ではガンダルヴァ…「変化が目まぐるしい」という意味である。そのため、魔術師も「ガンダルヴァ」と呼ばれ、蜃気楼の事をガンダルヴァの居城に喩え「乾闥婆城」(gandharva-nagara)と呼ぶ。分別分類、すなわち確定知が機能しにくいもの。彼らは「何であるか」がハッキリとしない。感覚、眼耳鼻舌身の五感に確定機能は付いていない。緊那羅や乾闥婆は香りや音などの感覚が強調されるが不思議なことである。



さて、鷲谷日顕によれば、3000年前、紀元前1000年前ほどにインドからこの有翼種キンナラ族が飛来して、この種族が日本の地域に生息する。キンナラ(緊那羅)の王を国常立尊という。つまり、天孫降臨による、日本皇族、及び臣民の起源はキンナラである。ここで、キンナラの正体についての私の説を述べたい。


トロオドンという恐竜がいる。このトロオドンは鳥の前段階とされている恐竜である。デイノニクスもこのトロオドンの親戚であり、知能の高さや、翼のようなものが前足にある点で似通っている。始祖鳥よりも現在の鳥類と近縁とされる。そのため原鳥類と分類されている。さて、このトロオドンには一つの特徴がある。それは、全恐竜の中で最も脳の容量の大きい恐竜だということである。推定では、全長1.5 - 2メートル程度。身体の大きさに比して大きな脳頭蓋を持ち、脳容量が大きく、知能が高い。特筆すべきは、その目と指である。人間に非常に似た構造を持つ。目は大きく正面を向いていたため立体視能力があり、指は拇指対向性を示す3本指で、物をつかんだり握ったりすることができるかなり器用な指だったとされる。


さらに、トロオドンより鳥類に近い種があり、その化石が中国で発見されている。中国遼寧省北票市の中生代白亜紀前期の地層から発見された、この小型の肉食恐竜はメイ・ロン(寐龍、Mei long)と名付けられた。メイ・ロンとは、中国語で「眠る竜」の意味。眠るときに現生の鳥類と同様の姿勢をとっていたと推測される。発見された個体は子供と見られ、全長53cmほどである。化石の状態は、鳥類が眠るときにとる姿勢、首を後ろに回して頭部を肘の下に入れる形をとっていた。睡眠中にそのまま化石化したと考えられている。


鳥類の持つ特徴的な習性が恐竜にも見られたことで、メイ・ロンは恐竜から鳥類への進化の、ミッシングリンクとされる。トロオドンやメイ・ロンの進化の先に、キンナラがいるのだ。


彼らトロオドン科の恐竜の進化の先を推測した人に、カナダの古生物学者デイル・ラッセルがいる。1982年、ラッセルは思考実験によりディノサウロイドを提唱。ディノサウロイドはトロオドンをモデルとしたレプティリアン(爬虫類人種)である。


ラッセルは、トロオドンの大きな脳頭蓋、体重に対する脳の比率(脳化指数)、正面を向いた立体視可能な眼、物をつかんだり握ったりすることができるかなり器用な指、二足歩行することから、もしも6500万年前にカタストロフィが無ければ、ヒトによく似た知的な生物に進化していた可能性があると考えた。その特徴は以下のようなものである。


1 身長は170センチメートル程度。

2 全身に鱗を持つ。

3 頭部に爬虫類的な印象を残している以外は、ほぼ人間に近い体形。

4 哺乳類ではないので乳房がない。そのため、子供が幼い間は、親は現代における鳥類のように餌を胃から出して子供に与える。

5 (大きく発達する脳を包む頭蓋骨の形成に胎盤が役立つとの観点から)胎生に移行しており、臍がある。

6 人間と同様にかかとを接地させて直立二足歩行する。尾は退化している。

7 手には3本の指を持つ。そのうち1本は、ヒトの親指のように拇指対向性を持つ。

8 生殖器は体内にある。

9 言語は、ある種の鳥の鳴き声のようなものになる。


これらの特徴は極めて興味深い。なぜなら、仏の様相…三十二相八十種好に似通っているからだ。4番目の乳房の無い、という記述は法華経における龍女の「変成男子」を思わせる。また、9番目では拙著『蛇は再び立ち上がる』に、この世のものならぬ鳥の声を聞いた女の話しが出てくる。鳥の声は遠くまで聞こえる(梵声相)。2番目と5番目に関しては認識の違いがある。爬虫類より鳥類に近いのならば、全身にあるのは鱗でなく羽毛である。ので、毛上向相と一一孔一毛生相が当てはまる。つまり、おそらくは青瑠璃色の羽毛。まるでモルフォ蝶のような色だろう。羽毛恐竜ならば、カラフルな色が納得できる。


また、卵生か胎生の選択については法華経の龍女の大悟において、三千世界に匹敵する『宝珠』を釈尊に納受したとあるが、これは『卵』というのが私の見解である。『卵』を釈尊に納受して、生まれてきたのがラフラなのだ。ラフラは「龍」という意味がある。人の肉体(衣)の内には、「龍」の卵が仕込まれているのだ。


8番目に関しては馬陰蔵相がそのまま当てはまる。7番目に関しては手足指縵網相であるため、ラッセルの思考実験では思い浮かばなかった水カキの存在が推測される。四十歯相、歯斉相、牙白相…これらは爬虫類的な歯の特徴である。


肉髻相、頂髻相、烏瑟膩沙については、如来には頭頂の盛り上がりがある。一般的には、これは人の身でクンダリニー(蛇の力)が目覚めたことによる肉体の変化と言われる。僧が頭を剃る理由は、この肉髻の出現をサンガ内でわかるように、との推測もできる。


オタワのカナダ国立自然博物館には、ラッセル監修、ロン・セガン制作の想像模型が収蔵されている。(画像)