· 

神隠しとボランティア

マスコミの報道や騒ぎがひと段落したから書きますけど、例のスーパーボランティアのお爺さんが子どもを見つけた件。


お盆に2歳児が山で失踪なんて、確実に神隠しです。また、向こう側から連れて帰ってくるボランティア爺さんも、また向こう側に行き来できるほど、あちらに近い人なんだろう。警察も大臣も関係なし、という台詞は、法律とはまた違うルールを言っているようだ。日本的霊性というもの。向こう側とこちら側の契約ということにも思える。2歳児は数奇な運命を歩むかもしれない。


ちなみに、2歳児の神隠しにあったのは、屋代島。イザナギ、イザナミの国産みの7番目の島。大多麻流別(おほたまるわけ)。大島とも言われる。


それにしても、8月は忙しかった。お盆の忙しさは特別ですね。迎え火の蝋燭が綺麗でした。