· 

4.14 シリア

アメリカと英仏がシリアを攻撃したこと、愛知県の南海トラフゾーンに連続して地震があったことなど、不安に満ちたザワザワとした1日でした。4.14という日に300人委員会代表のトランプが攻撃したということは4+14=18ということなんだと思いますよ。

 

私はといえば仏教の瑜伽業派(唯識派)について調べていましたよ。ヴァスヴァンドゥからディグナーガ、ダルマキルティ、そしてダルモッタラへの系譜・・。ダルモッタラは概念知(思考・推論)を全て虚構とする人です。EOに似ていますが、非存在を超越的闇みたいにある種の実体として語るようなことはしていません。

 

以前、ここでも紹介したアポーハ説はディグナーガが提唱したものです。ダルマキールティがそれを発展させましたが、かなり変えてしまったと思います(認識内形象論など)。アポーハ説は仏説を習いたての私が「これあればかれあり、かれあればこれあり」を勘違いして「これは非これの否定(かれ)により成り立つ」とか考えていたのを、最近になって両者の一致に驚いたものです。私はこれを進化論となぜか結びつけて「爬虫類は魚類が自ら魚であることを否定して、陸に上がったことにより成り立つ」とか言っていましたっけ。

 

爬虫類人種(レプタリアン)は魚人(ノンモ)でもあり、ユークリッド幾何学の通用しない海底都市に住んでいてですね、地上の人類に干渉し続けています。この幾何学の狂った海底都市は仏教的には「龍宮」「龍宮城」とも呼ばれています、そこに住む彼らはナーガとも呼ばれています。夢でその領域に近づいたH・P・ラブクラフトがそれを小説として表現していました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ヤツメカワウソ (土曜日, 21 4月 2018 07:36)

    北朝鮮が核実験を中止して、実験場も廃棄する予定だというニュースを見ました。嬉しいことは嬉しいんですが、シリアの件とか、昨日のB-2爆撃機10機が目撃された件と合わせて、「裏では何かが動いていて、北朝鮮問題に代わる第二段階が(中東×アメリカ方面で)始まる?」みたいな雰囲気ですね。やだなー。

    方残さんが「WW3の前兆はイスラエルによる近隣諸国への核攻撃」って言ってましたから、中東の不穏な動きは特別恐ろしく感じます。

  • #2

    HEBI (土曜日, 21 4月 2018 22:47)

    北朝鮮のバックは中国なんですよ。北朝鮮がすったもんだで長引いているうちに、もしくは平和路線でだまくらかしているうちに、もう一つの火種が燃え始めると思います。それは、台湾海峡です。つまり、台湾併合にいよいよ出ると思いますよ、中国は。

    日本は本当にくだらない問題でもめてます。モリカケと財務省や知事のセクハラ問題です。アベも終わりですね。ほうざんさんの言ってたやつの元ネタはアルバート・パイクの予言だと思いますよ。メーソンのトップで予言というか予告をいくつか残しています。