龍の樹

未来は発生してないので

現在はそれに対して行くことができない、また止まって、存在しない(発生していない)未来を待つこともできない。

イメージ的には尺取虫である。


現在は行くことがないから、過去は現在に対して止まってもない。しかし、過去が止まっていないなら、どのように現在が離れるとわかるのか?


また、現在は発生していない未来により、止まっているわけでないことが証明されているので、過去はどのように離れ去るのか?



とまぁ、私はこう考えていたわけだ(エビ説


これに対して龍樹は


たとえば、「行くものは行かない、行かないものもけっして行かない。行くものと行かないものと別な第三のものがどうして行こうか」(二・八)


行かないもの(止まっているもの)

決して行かない(絶対 止まる)

とも解釈できるが


ふたつめの"行かないもの"を(止まっていないが、決して行かない) と解釈するか…


いや、ふたつめの"行かないもの"で、行かないが行くわけでもなく、止まっているわけでもない、ととめているのか…


ふたつめの〈行かないものは決して行かない〉の行かないものは=ひとつめの行くものが行かないものであると表明されたものか…⁇

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    EBI (月曜日, 20 2月 2017 22:11)

    暫く考えていたが、おそらくはこうだ。
    行くものの、行く行為と行く主体を切り離して、行く主体は行かない、とする。
    行かないものと、行かない主体を切り離して、この主体もまた行かない、とする。
    行く、或いは、行かない、どちらの行為とも切り離された主体(第3のもの)これは行為から切り離されているので、もちろん行かない。更に言えば、行為から切り離された主体など成立しない(存在しない)ので、行かないのだ。

  • #2

    EBI (月曜日, 20 2月 2017 22:42)

    少し、問題があった。
    ひとつめで、行くもの(主体)に、行かない、という二つめの行為ができている。

    また、別の問題だが…
    行かない、を行為とすると、行かない主体は行かない行為と切り離されたら、行かないという行為ができないので、行かないわけではないのでは?ということ。もちろん、行くわけではない。