龍の絡みついた樹

龍樹の思想を学び始めております。

〈去りつつあるものが去る〉とすると主体に付随している第1の見えない〈去るはたらき〉が無視されることになる。第2の去るはたらきは蛇足である。もしもこの蛇足の去る働きが成立するのならば、予め付随している第1の去るはたらきが無視されることにより行為主体も成立しない。故に、〈去りつつあるものは去らない〉。

ということらしいです。

私ははじめこの2番目の〈去る〉をカント的な主観意識…のようなものと捉えました。つまりモノに対するこちらの主観的思考を極限まで削ると…

樹が有る…

とは言えなく

樹!

と言ってさっさと引っこむような禅的な態度です。

〈すでに生じたもの、未だ生じないもの、現在生じつつあるもの…は生じない〉。それら生じるがすでに付随した生じている主体は、それが二重に生じる、と言われることを拒否する。モノ主体に付随した三世の生じる、により、2度目の〈生じる〉という言葉は幻のように実在しなくなる。1つのモノ主体に2つのハタラキは蛇足なのだ。

つまり、ナーガルジュナは言語の再帰性を否定しているのだ。

〈A〉は  Aだ。

これが言語の再帰性であります。

〈何がしか〉は Aだ。

とも言えます。最初の〈A〉や〈何がしか〉の代補が A という言葉なのです。それは〈A〉や〈何がしか〉の現前の不在を意味しており、〈A〉や〈何がしか〉は、2度目のAにより遡及的に確認されるわけです。しかし、龍樹は2番目のこのAを『蛇足』として除外します。蛇足であり主観的な幻なのです。

〈A〉!

というわけです。

しかし、龍樹はさらに〈A〉は独立してそれ自身で充足した存在ではない、とします。

例えば〈A〉を樹とすると…

樹には予め付随する隠れた〈有る〉があり、それをモノ主体である樹とは分離できない。不二であります。分離すると、モノ主体であるところの樹は有ることができません。しかしこの〈有る〉という働きは、モノ主体である樹とはイコールではありません、不一であります。こういうのが龍樹の発展させた〈縁起〉思想であります。