フクロウの秘密

   フクロウがなぜメイソンのシンボルなのかを考えてます。2つの解にたどりつきました。

   ひとつは、上空から見た場合、画像のように、ピラミッドとヤキンとボアズの柱が、フクロウのように見えるということ。カバラですね。上空から見ないとフクロウにはなりませんから、UFOもしくは幽体離脱(oobe)で上空から俯瞰せよとのことなのか。ちなみに、日本の大仏にも、同じ仕掛けがあります。

   メイソン式だと、上空から俯瞰していると観想しつつ首をフクロウのようにある方向に回します。《G》という文字のとおりにまわしてね、コレはナゾナゾです。

   もうひとつは、フクロウの英語、OWLというローマ字なのですが、Oはコンパスにより描かれる円なのでコンパスを暗示、LはL字の定規。Wはピラミッドと2つの柱を暗示しています。つまり、フリーメイソンの図形になります。

信じるか信じないかはあなた次第です。


コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    TAKENARI EBIHARA (火曜日, 31 3月 2015 12:52)

    別に、ブログに書いてるだけなんで、説教にはあたらないと思うのですが。特定の人への説教と思っているやつは、アホですね。読んでる人、他にもいるのに。

  • #2

    TAKENARI EBIHARA (火曜日, 31 3月 2015 13:07)

    だいたい、そういうやつに限って、火葬を恐れるんですよ。

  • #3

    oba (木曜日, 02 4月 2015 09:36)

    最新の記事にコメントが出来ないので、こちらにさせてもらいます。
    文字を回転させている形が何かに似ていると思ったのですが
    「知恵の輪」の「デビル」に似ている印象を持ちました。
    取り組んだら、抜ける(外す)のは、容易では無いかもしれません。

  • #4

    TAKENARI EBIHARA (木曜日, 02 4月 2015 14:01)

    すいません、最新の記事へのコメント機能をONにするのを忘れてました。エディンバラの北緯55=VV=Wとする説を付け加えました。w3me,
    そして55・・知恵の輪のデビルをyoutubeで見ましたが、似てますね・・

  • #5

    TAKENARI EBIHARA (木曜日, 02 4月 2015 14:11)

    しかし、椎茸和尚の訪問、ないしは警告は、メイソン系の話題のときにはドキリとしますね。『御使いの訪問』と言われる現象ですね。友人が何気ない警告を漏らして立ち去っていく・・という。

    自分は某掲示板で、ドル札の『ピラミッド・アイ』をアイコンにしていた時のこと、何人かにそのアイコンやめろ、と警告されました。理由を言わない人、生理的に受けつけない、などいろいろな人がいましたが・・デビルねぇ・・デビルのDはラテン語ではデルタΔ。三角形の中の目は・・!?