おいてけぼり

 珍しいことに、ブログの読者数が異様に増えてます。きゃりーぱみゅぱみゅ逆再生のページだけw きゃりーになんかあったんですかね?

 

 さて、家の近くにパチンコ屋が新装開店しまして、言ってきました。朝から並びまして、うまく角台がとれました。このハデスという台はミリオンゴッドの後継機で、連チャンするともの凄いのです。キャラが3つありましてランクで下から順番に・・犬、女(ペルセポネ)、ネ申(ハデス)の順番で出てきます。そして、私、ビッグボーナスで犬が出てきたんですが、なんと犬のくせに300Gさらにゲーム内で連チャンして1000Gくらい行ってしまったんですね。神は一度も出てきませんでしたが(ペルセポネは少しだけ)・・結局、6箱出しました、10万円コースです。しかし、私なんてたいしたことなくて、北斗で25箱くらい出している人いましたから(40万円くらい?)。いやー、すごいですねあの店。

 

 ハデスでは以前にも15万ほど連チャンしたことありまして、その時は、数日後に私の宝物であったロードバイク(15万円相当)が、盗まれました。駐輪場に行ったら、消えてましてね。今回も似たようなことがありました。換金した後、5円スロでも打ってチルアウトするか、と思い・・ふと、メールをチェックしようとiphoneを探すと・・無いのです。というわけで、店中を店員さんとかけずり回り、30分後に見つかりました。台の下皿の下に誰かが隠してあったらしいです。ちょっと、探さないと見つからないですよね・・隠すって。

 

 ようするに、その駅の近辺のパチンコ、パチスロ店で10万円以上出すと、持っている等価に近いものが奪われるという怪奇現象です。イメージ的には土地が生け贄を欲しているような感じですかね・・こう何か生け贄の物品を置くと、フッと沈み込み土地に呑まれるような。こうした現象の伝承や都市伝説があるかどうか、調べてみたんですが・・ありました。置いてけ堀です。ウィキペディアから抜粋すると・・

 

 江戸時代の頃の本所付近は水路が多く、魚がよく釣れた。ある日仲の良い町人たちが錦糸町あたりの堀で釣り糸を垂れたところ、非常によく釣れた。夕暮れになり気をよくして帰ろうとすると、堀の中から「置いていけ」という恐ろしい声がしたので、恐怖にかられて逃げ帰った。家に帰って恐る恐る魚籠を覗くと、あれほど釣れた魚が1匹も入ってなかった。他にも堀の中から手が伸びてきて引きずりこまれた、『声』を無視すると金縛りにあった、などのパターンがあります。『声』・・置いていけー、ではないですが、ずっと何か言っているのは聞こえてました。隣りや後ろの客かなー、とも思ったんですが。『声』の内容は書きませんw

 

 経験ではパチンコやスロの後です。自転車や携帯の他にも、けっこう高い本を駅で失くしたなんてパターンもありました。盗まれたり、落としたりです。何か、重力がかかる感じなんですよね・・土地神が霊的に等価交換をしているのかな、と思います。ちなみに、そのパチンコ屋のある駅は錦糸町ではありません。スロのライバルが増えると困るんで、私の家の近くの、山手線の駅の近くとだけ申し上げておきましょう。