悪龍がもんじゅ菩薩に噛み付く

 犠牲者が48人となった、戦後最悪の火山災害となった、御嶽山の噴火ですが・・これだけで終わらない可能性もあります。画像を見ての通り、富士山ー御嶽山ー白山のラインが、いわゆるレイライン(龍脈)です。小笠原諸島諸島の西之島の噴火からはじまって富士山をスルーして、御嶽山が噴火しました。流れからいくと、『もんじゅ』に近い白山の噴火が危ぶまれます。(自分は、まだ寒い季節に白山に登ろうとして、そのあまりの軽装を見たふもとの神社の巫女さんに、登山を止められた経験があります。)白山が噴火したら、『もんじゅ』は吹っ飛んでしまう・・。しかし、国は『もんじゅ』の処理を半年後に延ばすようです。なんたる愚行・・!

 

 私は、半年ほど前に火山噴火の夢を見ました。どこの山かはわからなかったのですが・・噴火口のまわりから、裸の白い老若男女の死体が並び、菊華・・菊の花弁を形造っていたのを覚えています。菊ということで、菊理姫と関わりのある白山が噴火する、と予想してました。しかし、実際のところ噴火したのは木曽御嶽でした。木曽御嶽山の神はクニトコタチ神、オオナムチミコト(大国主)、スクナビコミコト。とくに「クニノトコタチ」の神名は、日本の国土の床(とこ、土台、大地)の出現を表すとする説、日本国が永久に立ち続けるの意とする説があります。この噴火は、それが揺らぐことを表しているのか?!

 

 起源の違う御嶽神社のほうも気になります。蔵王権現を祀っているのですが、つい先日、有名ラーメン店の『蔵王』で口論の末、120キロのデブが、50代の男性の頭と腹に乗り、踏み殺すという事件が発生しました。この凶悪なデブは人を踏み潰した後に、「最後の晩餐」とジョークをとばし、ラーメンセットを注文、警察が来るまで悠々とラーメンをすすり続けていたそうです。私はこのデブを『蔵王権現』の化身と見ます。山の神が荒れ狂っている!!噴火した際、犠牲者の多くは飛んできた巨大な石に頭や内蔵を潰されたようです。

 

 しかも、気になることに菊の大量死体の後、水死体のビジョンがすぐその後にきたんですよね。パンパンに膨れて、目の玉が魚に食われた、水死体の夢。あと、魚の母子(うお座?)の遺伝子がおかしくなって修正できない、というビジョンに続きました。

 

 レイラインを延長すると、朝鮮の白頭山と衝突します。噴火ということは、龍脈にかなりの力がかかっている可能性があります。龍がバーンっと跳ねたら、日本海周辺の巨大地震、ということで巨大な津波が発生する可能性もあります。高速増殖炉"もんじゅ"がヤバい。『悪龍がもんじゅ菩薩に噛み付く』というビジョン。どういうわけか火山噴火後の2ヶ月後に、大きな地震が起こることが多いようです。データ的に圧倒的らしいです。

 

以下は、ヤフー知恵袋からの抜粋です。

 

『2004年に発生した新潟中越地震の約1ヶ月前には浅間山が噴火、2001年3月の芸予地震及び2000年の鳥取県西部の地震の前には三宅島と北海道の有珠山が噴火、1995年の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)と1994年の北海道東方沖地震及び三陸はるか沖地震と1993年の釧路地震と北海道南西沖地震が発生する前には長崎県の雲仙普賢岳が1991年に噴火、更に御嶽山では7年前の2007年3月にごく小規模な噴火が発生していましたが、その4ヵ月後の7月に新潟県中越沖地震が発生しましたし、1979年の噴火の後の1983年に日本海中部地震が発生、更には記憶に新しい東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の発生する約2ヶ月前の2011年1月には鹿児島県と宮崎県県境にある霧島連山の新燃岳が噴火するなど日本及び日本付近で発生し被害を伴った大きな地震の前には必ずと言って良いほど規模の大きな火山噴火が起きています。』

 

というわけで、これから半年の間に、新潟県、福井県、富山県、石川県に大きな地震があると予想します。