ハイブリッドF1種とユダヤ

 雑種第1代種というものがあります。自分の種とは遠いものと掛け合わせることによって、お互いのいいところの混じった、ハイブリッド種が生まれます。いわば、サイヤ人と地球人のハーフが、スーパーサイヤ人になりやすい、ようなものかな、と。

 

 いわゆるユダヤの【救世主】・・モーセ、エフタ、イエス・・は、ハイブリッド種である可能性が高いのです。とくに、エフタは母が遊女(異民族の暗喩?)ということや、娘を神への生け贄に捧げた・・ハイブリッド種は一代で終了する(その後は欠点の遺伝子がでやすい)など、ユダヤ民族はその知恵に通じていた可能性が高い。

 

以下、F1種についてのサイトからの引用です。

  

「寒さに強く・害虫に強く・甘みがある・大きい・収穫量豊富・日持ちがいい」

 

 そのような発注仕様書に準じた品種と品種を掛け合わして「種」を作ります。

その種からできた作物は、冷害に強くて豊作でした。しかも色や形がよくて、スーパーに並んでも見ばえがいいのですぐに売れました。多少売れ残りが出ても日持ちがいいので、スーパーは大助かりです。農家も、発育が均一で安定した収穫が得られるので、作業の手間がはぶけると大喜びでした。

 

 現在、スーパーに並んでいる野菜のほとんどはF1品種です。(遺伝子組み替え作物を除いて)このF1品種は発注仕様書に準じ、それぞれの特長をもつ品種を掛け合わしたので、お互いの特性が強化され、従来の品種に較べて優秀な種なのです。エリートですね。F1品種は、種の交配によって欲しい特性を強化する方法なので、遺伝子の組み換えとは違います。

 

【F1品種は一代限りの種】

 

 いいとこどりのF1品種ですが、問題点があります。

F1品種は一代限りでおしまいです。F1品種から種を採ろうとしても採れません。例え採って植えたとしても、同じ作物は出てこないのです。雑種強勢という現象があるそうで、一代目は親の優秀な部分のみ受け継ぎますが、二代目以降となると今度は親の悪い部分が多く出てくるようになるそうです。それと企業利益が優先されますので、1度作ると2度と作れないように、種が出ない品種も掛け合わします。

 

【雑種強勢】

 

 人間でもそうですが、近い親戚同士などで近親婚をくり返していると、やがて生命力が衰え、体格も貧弱になってきます。これを近交弱勢または自殖弱勢と言います。

 

 対して、人種や国籍が異なるなど、遺伝的に遠い組合せで結婚すると、両親より大きく、逞しく、丈夫な子が生まれます。この効果は、両親の遺伝形質が遠く離れていればいるほど、顕著に現れます。これを雑種強勢(ヘテロシスまたはハイブリッド・ビガー)と言います。

 

雑種第一代(F1)に現れた雑種強勢は、その子(F2)、孫(F3)と、世代を重ねるごとに、染色体の減数分裂によってその力を弱めます。

 

【自分の花粉でタネをつけないために】

 

 一代雑種の雑種強勢効果は、種をつける母親株の雌しべに、異なる品種の雄しべの花粉が付いて受精した時だけ現れます。同一品種の雄しべの花粉が、雌しべに付いた時は、当然ですが「優性の法則」も「雑種強勢効果」も現れません。

 

 野菜の花の中には、キュウリやトウモロコシのように雄花と雌花が一株に別々に咲くもの(雌雄異花)、ホウレンソウのように雄株と雌株が別々に育つもの(雌雄異株)、ナスやナッパのように小さな花の中に雄しべと雌しべが同居しているもの(両全花)など、いろいろな花があります。それぞれの花の形体や性質によって、毎年販売するための交配種を、毎年効率良く生み出すための生産技術が、いろいろ工夫されてきました。

 

 その工夫とは一言で言うと、「自分の花粉ではタネをつけないようにする工夫」です。つまり、雄しべや雄花、雄株を取り除く「除雄(じょゆう)」という技術や、自分の花粉では実らなくする「自家不和合性の発現」(これについては小カブのページで書きましたが)という技術や、「雄性不稔」という、人間にも時々起こる無精子症のように、男性機能が不能になった突然変異株を見つけて母親株に利用する技術などです。

 

 むりやり人間の話に置き換えるとしたら、日本人の家庭から父親や男兄弟を取り除き、代わりに、人種の異なる外国の男性を送り込んで、日本人の妻や娘との間に、子を持つことを許されない、一代限りの逞しい戦士を、毎年生ませ続けようとする技術…と、でも言いましょうか。

 

以上、引用でした。掲載サイトの皆様、ありがとうございます。

 

【除雄とユダヤの呪い】

 自分の花粉ではタネをつけないようにする工夫」、つまり、雄しべや雄花、雄株を取り除く「除雄(じょゆう)」という技術と、ユダヤの神が長子を1夜のうちにすべて打つスキルに似ています。実行者はあるときはファラオであったり、ヘロデ王であったりします。民族から父親や男兄弟を取り除き、代わりに、現代の人類とは系統の異なるオスを送り込んで、妻や娘との間に、子を持つことを許されない、一代限りの超天才を、造り出すのです。「人間でないもの」「グリゴリ(堕ちてきた天使たち)」が関わっていると、「蛇仮説」では見ています。