ゲーティア・コード 実践編

 

 最近、船舶事故が相次いでいますね。セウォル号から、タンカー事故、ベトナム船が中国船に沈められる・・。気になって、ゲーティア・コードをひもといてみました。船舶事故を起こすのは、ヴェパールという悪魔です。Wikipediaを参照にしますと・・。

 

『ゲーティア』によると、地獄の29の軍団を率いる序列42番の大いなる公爵。

 

 人魚(mermaid)の姿で現れるとされる。その力は水域を支配し、武器弾薬を満載した武装船団を誘導できる。また召喚者の求めに応じ、海に大嵐を巻き起こしたり、船団の幻を出現させることができる。人の傷口を化膿させ蛆をわかせ、三日で死に至らしめることもできるという。

 

 星座を悪魔の起源とする『ゲーティア・コード』では、くじら座をヴェパールと定めましたが・・。現在、『明けの明星 = 金星』はくじら座の頭上に瞬いているのです。ルシファーがヴェパールに騎乗している・・すると、『その星座の象意の悪魔』は、活動的になるようです。つまり、現在、ルシファー軍は、アジアの海域で船舶を沈没させる作戦にある、と。

 

そういえば、定食屋でけんちん汁を飲んでいると、中に虫がはいっていました。プリプリして小型のエビと見間違うほどの、大きさでしたが・・(店の人に言ったら高い日本酒をサービスしてくれました)。ヴェパールからの贈り物でしょうか?(虫を湧かせる能力)

 

画像では、くじら座に頭上に金星が瞬いているのが、見えます。