マタイのギロチンと首の痛み

 私事ですが・・首と、後頭部、とくに耳の後ろが痛み、神経外科へ言ってきました。診断は頸椎椎間板ヘルニアでした。私は趣味で総合格闘技、ブラジリアン柔術をやっているのですが、長年、ギロチンや肩固め、三角締めをタップせずに我慢してきたつけがきたようです。MRIを受けまして、レントゲン写真を見たところ、第4頸椎と第5頸椎の間から骨髄がポコッと飛び出まして、脊髄の神経を圧迫してました。おそろしい・・。しかし、医者から話しを聞いている途中、頭をよぎったのは、例のダ・ヴィンチの『絵』のことでありました。聖マタイがギロチンで首を斬られている部分がありまして、それが頭の中で繰り返しフラッシュ・バックしました。この手の予言の怖いところは、世界的な、歴史的な情勢の予言にも思える、しかし、個人的な、自分への『私信』に思えるときがある、ということです。『絵』の呪い?なんてことも考えてしまいました・・。