散文

 カモネギックス逆再生が第三者の申し立てにより削除されてしまいました。しょうがいないですね、次からは注意しましょう。

 

まったく、脈絡はないのですが、体験したことをちらほらと。

 

①人の強烈な思いのエネルギーは、何かを造り出します。そのエネルギーはその怒りの原因に向かいと思いがちですが、そうとも限らないのです。エネルギーじたいは独立したもので、一番自分を受け入れてくれる、身近な人に向かいます。これは、それが、怒りなり、怨念なり、色情因縁であろうとも、意中の人の心がブロックしている場合、近くの自分を受け入れてくれる人へと向かい、害をなします。(流血や、色情因縁の愚痴や、霊の恨みつらみ)。受け入れてくれるのは、たいてい愛のある人で、代わりに背負う、みたいなJesusみたいなことを無意識にしてしまいます。主人に愛を持っているペットの犬猫も、受け皿になります。なぜなら、そうした破壊的なエネルギーはひじょうに利己的で独立しており、ことに、破壊しやすいものから破壊してしまうためです。受け入れてくれる人はガードをしてないので、破壊されやすいのです。

 

②先日、自分はメーソンというかピラミッドアイの連中に見方したらばどうなるか?と思ったところ・・ある夢を見ました。荒野に、何千もの穴が掘ってあり、無実の人たちが埋められていきます。奴らの味方をするとは、埋める側に参加することだ、と、言われて目が覚めました。

 

③ふと、思ったのですが、例えば

「誰もテメェの人生や活躍なんか望んでねーんだよ、死ねカス」とか言う言葉を集団に投げつけられたとか、そのようなニュアンスのことが周りから何となく伝わってきたとしましょう。そのとき、「死んでしまおう」派か、「全員いつか殺す」派に別れると思います。今の日本で問題なのは、「死んでしまおう」派が圧倒的に多いことです。私たち日本人は周りとのじめっとした関係性で生きているからです。だから、自殺大国なんです。なぜ、「生きる」とか問われるところです。私はプロ格闘家や武道家の世界と、少し関わっているのですが、日本の格闘界も中国の武術社会「武林」でも、中傷やいがみ合いはものすごいです。一時、もてはやされても、バッシングがひどい。「日本はアウェー」なる名言をおっしゃった人もいました。小説、ライトノベル小説家の世界もそんな感じです。偽名まで使って自作自演で2ちゃんねるに書き込む同業者とか多いらしいです。(バレて逆に炎上してましたけど。)

 

④あるとき、私が瞑想していると・・「テメェなんかどんな思想を言い表そうが、糞だ。」という声がどこからともなく聞こえてきました。「その後、オマエにはどんなに価値がなくて、糞か」を延々と辛辣な揶揄をこめて言ってくるのです。最初は「なんだコノやろう」と思いまして、言い返してましたが、思い返して「禅には、人は皆、糞袋」という言葉がありまして、それを思うと心落ち着きました。ところが、再び疑雲がわきおこり、これを言ってきたのは、ひょっとしたらエラい何がしかの神仏で、私よりはるかに清く潔白な人生を送ってきているのか、と思いなおしましたが、またムカつく心が湧き起り、どんなに清くて正しい潔白な人生を送ってきたんでしょーけど、糞扱いはないんじゃないの?高潔ぶりやがって、死ね、コノヤローと思いました。すると、再び声が聞こえてきて「オマエの禅坊主ぶった言葉で安心したのは、潔白面じゃーないのか?」とのことでした。少し、ビビったものの、この声を送ったものはどこのドドイツだ、と思いまして、声と思われる方向に破壊的な感情を呪いをこめてを送ったところ、「きさまの怨念の送った所に、きさまの家族を配置してやろうか?クックックッ」との声が帰ってきました。(先ほど、①で破壊的なエネルギーは送り主を受け入れる、愛のあるものが受けてしまうと言ったのはそのためです。)私は、一瞬ひるみ、こいつはかなりの使い手のいじめっ子だ。どこの意地悪神か、狐か、天魔か・・と思いましたが、家族を我が手で破壊させようとする悪魔的プランを組み立てるやつのほうが、糞ではないか?と思い直しました。罪や黒歴史の無い人間なんて、いませんし。自分の腐った糞部分に気づかない者のほうが糞ではないか?と、ひょっとしたら・・と、気づいたのですが、ヤツは高みから見下ろして、糞がカスが、というポーズをとってますが、ひょっとしたら自分も同じ「糞」であり、自分のいる「肥溜め」にまで引きずり落としたいほうのやつなんじゃないか、と思いました。

 

⑤これはひょっとしたら、オウムやら統一教会やら太陽寺院やらの残党の霊的攻撃なのかな、という疑いもあります。マインド・コントロールを達成するための三段階の過程がありまして、この三つの段階を、解凍unfreezing、変革chenging、そして再凍結refreezingと呼びます。【解凍】は、徹底的に自分を価値のない、罪の深い、糞のようなものかと認識させ、人格を破壊するためにあります。高学歴な人は意外に引っかかってしまうそうです。【変革】は教義の刷り込みで、いかに救済されるかを刷り込む。【再凍結】はもう引き返せないように、何らかの命令を実行させることです。主なものには、私有財産の寄付、家族を捨てる、殺人など法を犯す命令を実行させる、などです。マオイストのゲリラなどでは、この再凍結のために、親兄弟をカラシニコフで撃てと、命令するようです。