巨人

 無限の何がしかに<限定><否定>、ようはビナー的形成力を加えることにより、形態は成り立っています。グリゴリと地球人のハーフである<巨人>は、その<限定する力>が弱まったときの暴走の象徴なのでは?と思いました。<限定>は「その林檎を食うな」という<最初の否定>の力ともとれます。神の禁止が守られなかったとき、<巨人>のような、ガン細胞のような、何がしかの際限ない増大が起こる・・。それが今の人類としたら、人口を減らす方針もやむなし・・ということかとおもわれます。「進撃の巨人」が流行っていますが、巨人というとあの光景を思い浮かべてしまいます。