リリス

私を離れたとたんに

私の霊は

私はもはやおまえではないと

私を厭い始める

私だった霊はリリスのように飛翔し

ひょっとしたら紅海あたりに飛んでいったかもしれない

無数のデーモン 

無数の新たなる肉体と交わり

無数の新たなる命として宿るために