小沢一郎氏 ホロスコープ解読その1

 ご存知、小沢一郎氏のホロスコープですが、これは見事ですね・・。

月とドラゴンヘッドが見事にコンジャンクション(合)ですよ。しかもアセンダントとも重なっている。多くの人を扇動する人、マスコミ、政治家、教師には月とドラゴンヘッドのセットがよく出てくるといいますが、まさにそのパターンですね。なにぶん、MCとスクエアなので、いきおい、カウンターカルチャー的なものになりやすいです。乙女座の月なので、日常生活はきちんと整理整頓され、清潔を好むでしょう。双子座の23°に水星が26°の木星がコンジャンクション(合)ですね。双子座の木星は何でも知っている雑学王タイプ、双子座の水星は流動的で頭の回転が早すぎるほどの知性を持っていることを表しています。それがコンジャンクション(合)することによって、刀で問題を一刀両断にするような判断力を持っていることが推測されます。ただ、双子座の水星なので本人の頭の回転が早すぎて空回りするやも。この水星と木星の合に牡羊座の金星がセクスタイル。荒々しい、衝動に抑制のきかないワンマン的な金星がこの水星と木星のエンジン的なところになっています。海王星を地のサインである乙女座に閉じ込めるというところから、本人の理想、夢想がこの乙女座の海王星に表れているのですが・・これは双子座の木星と水星の合とスクエア(90°)。海王星の表す本人の夢想、理想と、双子座水星の表す現実的な知性との間で綱引き現象が起きていますね。

 

 こんどは、太陽付近を見てみますと・・なんと、MC付近の太陽、土星、天王星がコンジャンクション(合)というものすごいことになっています。しかも双子座なので、本人の神経不安も相当なものだと思います。ヒットラーのように頭がおかしくならないのが不思議ですね。自民党から離れて民主党に移ったのは、太陽ー天王星の合によって「迎合することや、従属することが大嫌い」だからでしょうね。個人的な読み方ですが、天王星により今まである伝統をぶちこわし、自分が太陽たる父親になり、それを土星で完結させるという・・そういう人なのかもしれない。しかも乙女座の海王星がこの三惑星合にトラインです。海王星の理想、夢想を太陽、土星、天王星に注入していっている感じですね。獅子座の冥王星がさらにセクスタイルです。獅子座冥王星が天王星にセクスタイルで、あきらめない改革意志となります。なにぶん、双子座に太陽他5惑星、双子座的な人でした。

ちなみに、チャートにしてみると・・

 

地2火2風5水1

活動2固定1柔軟7

偶3奇7

 

この、柔軟要素が7も入っているところで、社会的な罠を切り抜けてきたのかもしれません。

 

今回は、ネイタルチャートを見てみました。