箱の中の箱

箱をまず用意します。
箱を裏返して箱を造ります。
裏返した箱は、箱の外面が内にくるので、宇宙を箱の中に閉じこめました。

これにより、宇宙空間が外から眺められます。

これは、客観的な視点です。
さぁ、箱の中の宇宙を眺めてください。

そしたら、その箱の中の宇宙のどこかに、銀河系があり、太陽系があり、地球があり

地球上のどこかに、箱と、その箱を見ているあなたがいます。
だんだん、それが見えてくるはずです。

宇宙の外からそれを見るあなたは、今どこにいるでしょう。

さて、箱をひっくり返して、その箱を外から眺めるあなたは、箱の中にいますね?

いわば、宇宙の外に出て箱を眺めていたあなたは、目の前の箱の中に実はいたのです。

 

もうひとつ、箱が裏返る瞬間があります。

こんどは球ですけれども。

母胎における赤ん坊は最初は球の内にいます。

生まれた瞬間に、こんどは球(地球)の外側に生まれます。

これはメビウスの裏返るあの見えない点の瞬間でもあります。

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    輝くトラペゾヘドロン (月曜日, 12 1月 2015 12:58)

    メビウスの裏返る、あのヒネリ
    点かな〜
    そもそも点は写真
    時間をクサナギの剣が斬ったときの切断面ならば
    バール→ヤム・ナハル
    スサノオ→ヤマタノオロチ

  • #2

    輝くトラペゾヘドロン (月曜日, 12 1月 2015 13:03)

    感覚が水面における平面
    もしくは
    地面における光の当たる平面とすれば
    本体の角度を傾斜させれば
    平面は増減する
    それをチャートにしたり 調波にしたり
    正方形を菱形にしたり(ap

  • #3

    輝くトラペゾヘドロン (月曜日, 12 1月 2015 13:23)

    そもそも宇宙というのは宇宙だという知覚の集積なわけで
    時間の流れも含めた宇宙は
    とすれば、その水面にあたる部分が感覚器官なのか

  • #4

    輝くトラペゾヘドロン (月曜日, 12 1月 2015 13:26)

    救急車のドップラー効果みたいなもんか

  • #5

    輝くトラペゾヘドロン (月曜日, 12 1月 2015 13:33)

    つまり、感覚は光の当たっている部分。
    知覚している世界が光の二次産物、副産物、付着物とも言える。