後頭部

アインシュタインが言った言葉で、

「宇宙の果てを見ることのできる望遠鏡があっても、見えるのは自分の後頭部である。」

という言葉があります。

地球が丸かったとき、人々は驚きましたが、宇宙も実は丸いのです。

地球から宇宙の果て、へりに、直線をはたして引けるのでしょうか?

地球から宇宙の果てに真っすぐ、宇宙船で飛んでいっても、「何か」がひん曲がっているためにそのうちに地球に戻ってきてしまうのではないでしょうか?

かつて、私の夢の中に「青い蠅」が出てきました。じっと目の前に止まったそいつはこういいました。

「直線は直線ではない。」

宇宙、時空も実は歪曲しているのではないでしょうか?

ということで、我々は宇宙の果て、へりまでに「直線は引けないのです。」