仏教

仏教 · 02日 6月 2020
阿弥陀仏の成立にはクシャーン朝下(紀元2〜3世紀)において仏教と異文化の交渉を挙げることができる。お釈迦様への信仰がゾロアスター教、とくにミトラ神信仰やギリシャ叙事詩、キリスト教のメシア信仰の影響を受け、成立した。...
仏教 · 22日 2月 2020
PRC(中華人民共和国)の生み出したコロナウイルス兵器COVID19が、PRCの忖度機関WHOによって拡散する中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?マスク、手洗い、消毒してますか? さて、私が、皆さんに言いたいことは 「PRCをぶっ壊す!」です。 ttps://youtu.be/e37HUNll9d0...
仏教 · 14日 2月 2020
ついに、武漢肺炎の日本国内での感染者から死亡者が出ました。不運な偶然か、それとも、恐ろしい何かの始まりか。 covid19、コビッド19という変な名前がついたようです。ホビットの冒険とか、消費者金融のモビットとか思い出しました。...
仏教 · 01日 2月 2020
新型肺炎、コロナウィルスでえらい騒動になっていますね。はっきりいって、仏罰です。 チベットへの破仏行為への悪カルマです。...
仏教 · 27日 1月 2020
シャンバラは一種の浄土である。諸々の伝承や、テオドール・イリオンなどの探検家、ダライ・ラマやその他宗教家の説くところによれば、それは地下世界にあると言う。...
仏教 · 12日 1月 2020
明けましておめでとうございます。 十二支では始まりの「子」になりましたね。十二支にまつわり、十二支因縁、または「子」の話しをしようかと思います。 まぁ、ネズ公の話しではないですがね…...
仏教 · 07日 12月 2019
釈迦讃、というお経がある。よく勤行でお唱えするのだが、このお経がなかなかカッコイイのである。 釈迦讃 敬禮天人大覺尊 恒沙福知皆圓満 因圓果満成正覺 住壽凝然無去来 衆生没在生死海 輪廻五趣無出期 善逝悟為妙法舩 脳滅愛流到彼岸 願於来世恒沙劫 念念不捨天人師 如影随形不暫離 晝夜勤修於種智 霊山釈迦行妙尊 金口所説法華経...
仏教 · 23日 11月 2019
千眼、万眼のミトラを表すかのように孔雀に乗った阿弥陀様もいる。画像は安養院紅頗梨色阿彌陀如来坐像。 弥陀(アミターバ)が過去仏、弥勒(マイトレーヤ)が未来仏となるのだが、同じく起源がミトラ神であるのがおもしろい。では、現在仏(お釈迦様)についてはどうか?さて、ここで法然と親鸞に御登場を願おう。現在仏である釈迦如来について解釈してもらうと、...
仏教 · 12日 11月 2019
阿弥陀如来の信仰は、死の寸前に仏の来迎をまち、極楽浄土に往生して如来を師として仏道修行しようとするものである。アストラル空間において、直接「弥陀」に教えを受けようとするOOBE(対外離脱)一派とも言える。...
仏教 · 24日 10月 2019
即位の礼が行われ、無事に陛下が即位しました。即位と同時にgoogleが量子コンピュータを実用化し、「量子超越」を達成したとのこと。新たな時代を感じました。天皇の即位、血の濃い「蛇の血脈」はこうして受け継がれていきます。日本は稀有な国です。眞子さまは物が分かってないので、恩赦で結婚が許されると口走ったとかですが、しかし、しかし!小室圭なんぞに番いにさせてはいけません。そんな中、このニュース。 『自民党の有志の議員グループは男系による皇位継承を堅持すべきだとして、旧宮家の男子が皇族に復帰できるようにすることなどを求める提言をまとめました。 安定的な皇位継承を確保したいとして検討を進めてきた自民党の有志の議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」は23日会合を開き提言をまとめました。 提言では「皇位の歴史は男系による継承のため、父を一系でたどることができ、仁徳天皇や神武天皇にまでつながる天皇家の皇統が続いてきた。かけがえのない伝統をひとときの時代の価値観や判断で断絶することは許されない」としています。 そして男系による皇位の継承を堅持すべきだとして、戦後皇籍を離れた旧宮家の男子が皇族に復帰したり、今の皇族の養子や女性皇族の婿養子になったりできるよう、政府に皇室典範の改正か特例法の制定を行うよう求めて います。 議員グループでは来月にも提言を安倍総理大臣に提出することにしています。』 なかなか有益かつ興味深い提言です。男系による継承、つまりY染色体の継承が重要なのです。このY染色体の系統樹の分岐に従った分類を、遺伝学ではハプログループと呼びます。 天皇家のハプログループはDです。第113代東山天皇(1675-1710、在位1687-1709)の複数の男系子孫から共通して出たY染色体ハプログループがD1b1a2だそうです。 今のところ、公式発表では、天皇家は縄文系だということにされています。そして、我々日本人の半数がハプログループDであり、同じグループDの民族に、あのダライ・ラマのいるチベット民族が挙げられます。ハプログループDに属する二つの民族が、共に大乗仏教国であるところに、この遺伝子の特性が顕れている気がします。他にハプログループDは四川省や雲南省の少数民族や、フィリピンのセブに分散している。イ族は南東チベットを通り雲南省に移住してきており、現在では雲南に最も多く居住している。 神話では神武天皇は人ではなく、天孫ということになっています。天照大神の五代目。三種の神器の一つ、天叢雲剣、いわゆる草薙剣は素盞嗚尊がヤマタノオロチを倒した時、尾から出てきました。ということはヤマタノオロチはステゴサウルスかもしれません。何といっても尾のスパイク!加工すれば良い剣になりそうです。私がステゴサウルスに注目したのは、この竜が剣竜類に所属し、尾に剣のようなスパイクがあること。後は生息地が非常に重要なのです。ステゴサウルスのよりスパイクのトンガったファヤンゴサウルス (Huayangosaurus) は、ジュラ紀の四川省に生息していた恐竜である。命名は四川省の古い名称『華陽』(ファヤン)から。四川省はチベット族やイ族などハプログループDが多く占める。つまり、神話の元となった事実があると推測できるのである。 日本書記には、 『素戔嗚尊は奇稲田媛を幸(め)さん(娶ろう)と欲(おも)い、これを乞いた(求めた)。脚摩乳と手摩乳は「請う、先ず彼の八岐大蛇を殺したまえ。然して後に幸(め)さば宜(よろ)しからん。彼の八岐大蛇、頭(かしら)ごとに各(おのおの)石(いわ)・松有り。両の脇に山有り。甚(いと)畏(かしこ)むべし。まさに何を以ちてこれを殺さん」と答えた。』 両脇に山のあるのはファヤンゴサウルスの特徴である。石や松とはスパイクのことだろうか?チベットー日本を移動中の皇室の先祖の弟は、四川省でトゲだらけの草食恐竜と戦っていた可能性があるのです。

さらに表示する