"Equinox"について


卍 このHPは、仏教とオカルトと占術の研究ページです。

         

管理人:HEBI ©Equinox


キリトリ

存在しないモノの色・受は存在せず、付託できないので想もなく行により虚構され、識により分別された名、言語概念のみが仮に有るという片輪走行。


と、これの反対が対象のある場合、焚き火を見る時、色・受は有る(熱く、明るい)ようで、概念上言語上の焚火が虚構であり、その言葉は熱くも明るくもない、という理解の逆の方向にある。感覚のほうが実に有るという片輪走行。


存在しないモノ、言語概念のみしか存在しないモノ、存在しない状態、非在を成立する、認めるとするならば(例えば非在の状態になりたいなど)、その反対の存在するもの、存在物は、自性あり、それ自体で成立して常住ということになりやすまいか?


つまり、非在の成立を問題にするならば、その反対の存在の自性も成立するとなるしかし、その存在なるものは、始めから名の、概念の括弧によりアポーハされているのである。そして、概念を感覚で補強して存在と言っているのが現状。


言語概念だけで言えばそもそも虚構、因果を遠離して前後裁断されているとわかれば、そんな自性だの常住だのそれ自体で成立なんて言わない。そもそも不生という。発生してないもの(概念)は、それ自体でも成立しない。また、発生してないものの反対はそもそも成立しない。


そもそも、非在の反対は存在とか言う説が多いが、非在だったら片方のつっかえ棒にもならんので、存在も成立しないだろう、言語概念、論理上は。


また、存在するモノ、と存在するコト、に分けるとすれば(縁起理論上それはダメだが)、存在するコトは存在するモノの『時間』ということになる。


始めからステルスで括弧される、名の括弧を自覚すれば、そしてその名、概念を対象とした有無の分別認識はナンセンスだ。それは虚構なのだから。また、有る無しの分別はあくまで認識上の働きなので、その分別も空(虚構)であることが了解される。分別の対象が空(虚構)だからである。


私たちは〈全て〉から対象を切り取りアポーハしてから、名、概念により、存在としている。それは、認識内形象の全てをいったん認識し、そこから2次的に諸存在、諸法を概念化しているのだ。認識内形象は概念知の対象ではないので、1次認識ではそれは未だ分かたれてはいない。


物それ自体の独自の本性、もの・ことが常に同一性と固有性とを保ち続け、それ自身で存在するという本体、もしくは独立し孤立している実体などはあり得ない。例えば、石そのもの、などということはあり得ない。石本体なんてものを想定する時に已にナーマでカッコされそれは概念なのだ。石と分別する前は石は何だったのか、全体の一部であり未だ分かたれてはいない。


認識内形象においては、石の他にも大地や草、空や人や建物、車、火や風、水を認識しているはずであり、なお認識内形象においては未だ概念知による分別、識別の対象ではない。つまり、石は石と未だ識別アポーハされずに、ただ諸々の形象として映っているのである。


それをいきなり石、と言語概念枠がすでに最初からあり、石の石自性を想起してしまっている。普遍的石、石本体、石ロゴスを神の創造した石の鋳型とした一神教。または、石を神として祀るアミニズムなど。


そのような本体論を認めると、石そのもの、石本体の大脳上のコピーが石の認識内形象という中途半端な説が出てくる。言語概念ナーマはそのコピーのコピー(長期記憶保存のための)というのは人の言語認識発生史上のことで、本体論を考える時には始めから潜在意識に概念の型がある。尻尾が先か頭が先か、みたいなことだ。


〈全て〉からのキリトリ作業が先にある。それをアポーハと言う。


そのため、石の神や火の神や風の神など普遍を神格化した神々は仏教と本来なら相容れないものだ。仏教はここでヴェーダ思想とは袂を分かつ。

0 コメント

端午節のサイン

明日、2020年6月25日は旧暦の5月5日、中華圏では端午節となります。そんな時、東京では…画像を見てください、ピラミッドが見えますよね。5月5日以来の50人以上で新型コロナウィルス新規感染者が55人。しかも明日は旧暦の5月5日。背景にはピラミッド。何やってんの毎日新聞〜!これではフリーメイソンの陰謀と思われても仕方ないですよ。ついでに言えば、3日前の夏至、6月21日には日蝕がありました。
0 コメント

弥陀とミトラとクルド人

阿弥陀仏の成立にはクシャーン朝下(紀元23世紀)において仏教と異文化の交渉を挙げることができる。お釈迦様への信仰がゾロアスター教、とくにミトラ神信仰やギリシャ叙事詩、キリスト教のメシア信仰の影響を受け、成立した。


「阿弥陀」もしくは「弥陀」と呼ばれ、「弥陀」という呼び方のほうが原型である。ペルシア語やソグド語などのイラン語群が元になっている。サンスクリット語のアムリタ(不死の霊薬)やアミターバ(無量光)、アミターユス(無量寿)という語は、後から付随したようだ。大学研究者によると、「弥詑」が「阿弥陀」に先立つ原語形であり、中期イラン語に特有の母音挿入によって二次的に「阿弥陀」が成立した可能性があるらしい。このような母音挿入は、中世ペルシア語辞書においても確認することができるらしい。つまり、「阿弥陀」ではなく「弥陀」が原型なのだ。読み方は、日本語だと「ミダ」だが、中国語で読むと「ミートォー」である。中国語の念仏は、なむあみだぶつ、ではなく、「アーミートォーフォー」と唱える。とくに「ミートォー」が「ミトラ」の訛ったものということが伺える。仏は「フォー」と発音する。


阿弥陀如来の信仰は、死の寸前に仏の来迎をまち、極楽浄土に往生して阿弥陀如来を師として仏道修行しようとするものである。死後、浄土において、直接「弥陀」に教えを受けようとしているが、考えようによれば幽体離脱一派とも言える


この修行方法の元祖としてアサンガ(無著)が挙げられる。もっとも、アサンガの場合には阿弥陀仏でなく弥勒菩薩であった。(じつに阿弥陀仏も弥勒仏もミトラ起源だが)。アサンガが幽体離脱して兜率天て受けた教えは、弥勒五法と呼ばれる。チベットの伝承においては「大乗荘厳経論頌」「弁中辺論頌」「法法性弁別論頌」「現観荘厳論頌」「究竟一乗宝性論頌」を兜率天において弥勒菩薩に直接教わったとされる。中国の伝承においては「瑜伽師地論」「分別瑜伽論」「大乗荘厳経論頌」「弁中辺論頌」「金剛般若波羅蜜経論頌」とされる。


もっとも、弥勒菩薩もミトラ起源であり、梵名マイトレーヤなのだから、このような脱魂型の宗教は同じミトラス教から分かれたのかもしれない。


アーディティー神群においてミトラ神は太陽と光明を司り、ヴァルナ神は月と夜と水を司った。この二柱は兄弟または一つの神のように不離であった。ミトラは契約と友愛の神であり、または万物の監視者でもあった。


監視者である、つまり万の目を持つことから、孔雀や、千手千眼観音、そして目をシンボライズした象徴はミトラを表していることが推測できる。


1225日のクリスマスは実はミトラの誕生日であり、キリストの誕生日はローマの時代までは16日であった。当時、ローマではキリスト教とミトラ教が人気を2分しており、民衆の中で融合されていった。サンタクロースの被る赤いフリギア帽はミトラの帽子でもある。赤は阿弥陀仏の色であり、これは紅頗梨色(ぐはりいろ)と言われる。紅水晶の色であり、夕日の色である。


千眼、万眼のミトラを表すかのように孔雀に乗った阿弥陀様もいる。安養院紅頗梨色阿彌陀如来坐像がそれである。孔雀はクルド人の宗教ヤージディ派の反逆の大天使マリク・タウスの象徴でもあるが、ヤージディ派の象徴がミトラの太陽であるのは興味深い(画像)


クルド人と言えば、2020.5.30.13時ごろ、広尾付近の明治通りで、渋谷警察署の警察官がクルド人男性が威圧行為を受けたとされる動画が拡散し、物議を醸している。この現象はアメリカの白人警官による黒人男性フロイドさん圧死事件に似ていて、やはりそのような星回りなのかな、と思った。香港でも中国共産党による横暴法案ができた。権力が図に乗りやすい星回り。

0 コメント

アマビエと角大師

コロナウィルスが猛威をふるっております。東京都の1日の感染者は200人を超えました。そんな中、アマビエなる妖怪が"ウィルス除け"として脚光を浴びています。では、アマビエとはどんな存在なのか。以下、ウィキペディアより抜粋。


江戸時代後期の肥後国(熊本県)に現れたという。この話は挿絵付で瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた。弘化34月中旬(18465月上旬)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。

その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。


注目すべきはアマビエの外見でしょう。とくに、ウロコのようなものと、鳥類に似たようなクチバシ、そして髪の毛のような豊かな長毛に注目です。ウロコ、毛、クチバシと爬虫類人種に似た外見。アマビエはレプティリアンなのかもしれません。


同じくレプティリアンで疫病を撃退なさった方がいらっしゃいます。角大師、つまり元三大師良源がその人です。


以下、過去の投稿から抜粋。


良源(延喜1293日~永観313)は平安時代の天台宗の僧。諡号は慈恵(じえ)。一般には通称の元三大師(がんざんだいし)の名で知られる。これは永観313日に遷化したから、つまり元旦から三日が寂日なので、元三と言うのである。第18代天台座主であり、比叡山延暦寺の中興の祖である。比叡山の僧兵の創始者でもある。


角大師と呼ばれる図像には、2本の角を持ち骨と皮とに痩せさらばえた夜叉の像を表している。『元三大師縁起』の伝承によると、疫病神が良源の前に参上し取り憑くことを告げたところ、小指にのみ憑くことを許した。それでもキツいので弾指により弾き飛ばした。小指でもキツイのだから、巷の衆生は大変であろうと、角のある夜叉の姿に化した自分を僧侶に書き写させたという。それを魔除けの護符として比叡山の麓や京都の民家で貼らせたところ、疫病がこれを避けた。これが角大師信仰の始まりであった。


私はこれにトリケラトプスの遺伝子の隔世遺伝的復活ではないか?と推理したわけです。彼らレプティリアンが人類における疫病の流行に、関心を示ししているのは確かであります。WHOのマークも医神アスクレピオスの蛇が絡みついた杖がシンボルですし。蛇!が絡みつくには理由があると思われます。今はテドロスのせいで機能していませんが。かつて人類に医学を齎らしたのは爬虫類人種なのかもしれません。


というわけで、ウィルス除けにはアマビエだけでなく、角大師護符を推奨します。

0 コメント

バカ殿遷化

志村けんが死んだ。

我々のバカ殿は無念にも生物兵器にやられてこの世を去った。聖火ランナーの夢を見ながら…。今や、数万人が死に、百万人近くが感染している。すべては、この人工ウィルスを製造し、漏洩し、隠匿し、拡散させた中華人民共和国政府に責任がある。


断っておくが、中国の何も知らない人民、おじさんやおばさん、若い人はむしろ被害者である。おそらく、公式発表の十倍は感染しているだろう。町ごと封鎖して、死者は埋めて終わり。数字は如何様にも操作できる中共ならではの対策。


悪いのはウィルス兵器を製造した中国人民解放軍、そして、その漏洩を隠匿させ情報操作をした中国共産党の官僚である。そして、中共とおかしいほど親密なWHOトップ。


そして、今朝、中国の漁船と海自護衛艦「しまかぜ」が衝突。おそらくは擬装漁船。さらに、先日も中国海軍がハワイ沖に進出し、レーザー照射で米軍を威嚇している。人民解放軍の動きは活発化しており、他国がウィルスで弱った隙に火事場泥棒する気まんまんでアップを始めている。中国が新規感染者をカウントしないのは明らかに作戦であり、麻雀で言えば中国と北朝鮮以外の国は全部オープンリーチしているわけである。手の内を隠すのは明らかに有利だから。


我々は力を合わせて、この脅威に立ち向かうべきであり、マオイズムに対抗しなければならない。


さて、PRC(中国)が次にしそうなことは何だろうか?考えてみよう。世の中にはマッチポンプという言葉がある。放火犯が火消しをするわけだが、このウィルスの開発者はおそらく同時にワクチンの開発も進めてきただろう。中国が新規感染者のカウントを止めたのも、開発成功したワクチンが機能し始めたからかもしれない。武漢コロナウィルスはじつによくできたウィルスであり、老人や病気もち、衛生観念を持てない貧民や障害者に感染が広がるようにできている。彼らはすぐに死んでしまう。志村けんの死のスピードには誰もが驚いたはずだ。ヒトラーもやまゆり園の殺人鬼もびっくりの代物なのだ。優生思想を持つものには実に都合のよいウィルスである。健康で若い、教養と医学知識のあり、病院に行くお金のある階級の人が生き残る。自国の人民の人口調節にもよし、他国を弱めるのもよし。他国が弱っている隙に侵攻できる、台湾が危ない。戦争が始まる可能性が高くなってきている。


これから、中国は日本やアメリカやヨーロッパより先にワクチンを開発成功したというだろう。そして、他国に援助を申し出、そのためのワクチン、医療品やじつは人民解放軍のスパイである人員を派遣するだろう。そして、またあの名ゼリフを言うはずだ。


「世界は中国に感謝を」


このシナリオは何処かで見たことがある。漫画の「20世紀少年」にそっくりなのだ。中国共産党は「ともだち」と同じようなことをしている。そのうち、「マオランド」なる洗脳テーマパークが造られるかもしれない。

0 コメント