"Equinox"について


卍 このHPは、仏教とオカルトと占術の研究ページです。

         

管理人:HEBI ©Equinox


弥陀と弥勒 その1

阿弥陀如来の信仰は、死の寸前に仏の来迎をまち、極楽浄土に往生して如来を師として仏道修行しようとするものである。アストラル空間において、直接「弥陀」に教えを受けようとするOOBE(対外離脱)一派とも言える。


この修行方法の元祖としてアサンガ(無著)が挙げられる。もっとも、アサンガの場合には阿弥陀仏でなく弥勒菩薩であった。アサンガが体外離脱して兜率天て受けた教えは、弥勒五法と呼ばれる。チベットの伝承においては「大乗荘厳経論頌」「弁中辺論頌」「法法性弁別論頌」「現観荘厳論頌」「究竟一乗宝性論頌」を兜率天において弥勒菩薩に直接教わったとされる。中国の伝承においては「瑜伽師地論」「分別瑜伽論」「大乗荘厳経論頌」「弁中辺論頌」「金剛般若波羅蜜経論頌」とされる。


さて、阿弥陀仏と弥勒仏。


この二仏にはある共通点がある。それは、その起源をミトラ神に求めることができる点。「弥陀」は無量過去仏であり「弥勒」は未来仏である。そして「弥勒菩薩」は現在進行形で修行している。


阿弥陀信仰初期にはクシャーン朝下(紀元23世紀)において仏教と異文化の交渉を挙げることができる。ゾロアスター教、とくにミトラ神信仰やギリシャ叙事詩、キリスト教のメシア信仰の影響の元に成立した。


「阿弥陀」もしくは「弥陀」と呼ばれ、「弥陀」という呼び方のほうが原型である。サンスクリット語のアムリタ(不死の霊薬)やアミターバ(無量光)、アミターユス(無量寿)という語は、後から付随したようだ。日本の大学研究者によると、「弥詑」が「阿弥陀」に先立つ原語形であり、ソグド語などの中期イラン語に特有の母音挿入によって二次的に「阿弥陀」が成立した可能性があるらしい。このような母音挿入は、中世ペルシア語辞書においても確認することができるらしい。


中国語の念仏は、なむあみだぶつ、と日本語では唱えずに「アーミートォーフォー」と唱える。とくに「ミートォー」が「ミトラ」の訛ったものということが伺える。また、アナグラムとしてmitraaを語尾から頭に持ってきた可能性もある。それだと、amitrとなり、中国語の「アーミートォー」の発音に近くなる。仏は「フォー」と発音する。

0 コメント

即位の礼と草薙剣

即位の礼が行われ、無事に陛下が即位しました。即位と同時にgoogleが量子コンピュータを実用化し、「量子超越」を達成したとのこと。新たな時代を感じました。天皇の即位、血の濃い「蛇の血脈」はこうして受け継がれていきます。日本は稀有な国です。眞子さまは物が分かってないので、恩赦で結婚が許されると口走ったとかですが、しかし、しかし!小室圭なんぞに番いにさせてはいけません。そんな中、このニュース。


『自民党の有志の議員グループは男系による皇位継承を堅持すべきだとして、旧宮家の男子が皇族に復帰できるようにすることなどを求める提言をまとめました。

安定的な皇位継承を確保したいとして検討を進めてきた自民党の有志の議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」は23日会合を開き提言をまとめました。


提言では「皇位の歴史は男系による継承のため、父を一系でたどることができ、仁徳天皇や神武天皇にまでつながる天皇家の皇統が続いてきた。かけがえのない伝統をひとときの時代の価値観や判断で断絶することは許されない」としています。


そして男系による皇位の継承を堅持すべきだとして、戦後皇籍を離れた旧宮家の男子が皇族に復帰したり、今の皇族の養子や女性皇族の婿養子になったりできるよう、政府に皇室典範の改正か特例法の制定を行うよう求めて

います。


議員グループでは来月にも提言を安倍総理大臣に提出することにしています。』


なかなか有益かつ興味深い提言です。男系による継承、つまりY染色体の継承が重要なのです。このY染色体の系統樹の分岐に従った分類を、遺伝学ではハプログループと呼びます。



天皇家のハプログループはDです。第113代東山天皇(1675-1710、在位1687-1709)の複数の男系子孫から共通して出たY染色体ハプログループがD1b1a2だそうです。


今のところ、公式発表では、天皇家は縄文系だということにされています。そして、我々日本人の半数がハプログループDであり、同じグループDの民族に、あのダライ・ラマのいるチベット民族が挙げられます。ハプログループDに属する二つの民族が、共に大乗仏教国であるところに、この遺伝子の特性が顕れている気がします。他にハプログループDは四川省や雲南省の少数民族や、フィリピンのセブに分散している。イ族は南東チベットを通り雲南省に移住してきており、現在では雲南に最も多く居住している。


神話では神武天皇は人ではなく、天孫ということになっています。天照大神の五代目。三種の神器の一つ、天叢雲剣、いわゆる草薙剣は素盞嗚尊がヤマタノオロチを倒した時、尾から出てきました。ということはヤマタノオロチはステゴサウルスかもしれません。何といっても尾のスパイク!加工すれば良い剣になりそうです。私がステゴサウルスに注目したのは、この竜が剣竜類に所属し、尾に剣のようなスパイクがあること。後は生息地が非常に重要なのです。ステゴサウルスのよりスパイクのトンガったファヤンゴサウルス (Huayangosaurus) は、ジュラ紀の四川省に生息していた恐竜である。命名は四川省の古い名称『華陽』(ファヤン)から。四川省はチベット族やイ族などハプログループDが多く占める。つまり、神話の元となった事実があると推測できるのである。


日本書記には、

『素戔嗚尊は奇稲田媛を幸(め)さん(娶ろう)と欲(おも)い、これを乞いた(求めた)。脚摩乳と手摩乳は「請う、先ず彼の八岐大蛇を殺したまえ。然して後に幸(め)さば宜(よろ)しからん。彼の八岐大蛇、頭(かしら)ごとに各(おのおの)石(いわ)・松有り。両の脇に山有り。甚(いと)畏(かしこ)むべし。まさに何を以ちてこれを殺さん」と答えた。』


両脇に山のあるのはファヤンゴサウルスの特徴である。石や松とはスパイクのことだろうか?チベットー日本を移動中の皇室の先祖の弟は、四川省でトゲだらけの草食恐竜と戦っていた可能性があるのです。

0 コメント

燃えよドラゴン

一発の銃弾により、第一次世界大戦は始まった。また、一発の銃弾が大きな動乱を生むきっかけになりそうだ。


中国建国70周年を迎えた101日、香港各地で「国難の日」と位置づけた抗議活動が激化した。香港紙「東方日報」(電子版)によると、郊外の荃湾(せんわん)地区であった衝突で警官が発射した実弾が高校2年の男子生徒(18)の左胸に命中し、病院に搬送されたが重体だという。実弾発砲による負傷者は「逃亡犯条例」改正案を巡る一連の抗議行動で初めて。


天安門といい、チベット民族、仏教への弾圧、ウイグル民族への民族浄化、香港、台湾への弾圧、他、キリスト教、イスラム教、法輪功など全ての宗教への迫害。中国共産党の罪は天まで積もっているといっても過言ではない。冗談ではなく、中国共産党には無くなってほしい。もう、中国には共産党独裁なんて必要ない。梯子は、ある段階まで来たら、必要なくなるのだ。マルクスの時代にはAIも仮想通貨もなかったのだから。アメリカのように、二大政党にして、ちゃんと選挙とかしたほうがいいよ。


不謹慎かもしれないが、高校生が死亡してしまったら、ほんとうに香港は炎上してしまうだろう。これが本当の「燃えよドラゴン」である。香港市民にはブルース・リーのような戦いっぷりを期待している。


ドラゴンと言えば、竜の血脈、ブルーブラッドを継承しているのはアジアでは、天皇陛下とダライ・ラマくらいだろう。


日本民族とチベット民族は共に、ハプログループD遺伝子を保有している。


ハプログループD (Y染色体)(ハプログループD (Yせんしょくたい)、英:Haplogroup D (Y-DNA))とは、分子人類学で用いられる、人類のY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、YAPと呼ばれる変異の型を持つもののうちの「CTS3946」に定義されるものである。現在、このハプログループDは、日本、チベット、アンダマン諸島に高頻度に観察されるほかは、アジア、アフリカの極めて限られた地域で散発的にしか見つかっていない。他の、例えば中国や朝鮮で主流のハプログループO系統や他ユーラシア系統とは分岐くら七万年以上の隔たりがある。


ハプログループDはドラゴンのDである。真のアーリア人種とは、このD系統なのだ。


天皇とダライ・ラマは龍の血脈を継承している。アジアにおける、その二つの柱を異常に敵視しているのが中華人民共和国(PRC)であり、共産主義であり、北朝鮮である。

0 コメント

室内飼いの猫

equinox…お彼岸である。残暑厳しい中、如何にお過ごしでしょうか?


かつてEOが言っていた。地球でもし完全に「仏」「空」「無」が受け入れられていたら、その地域、国、種族ごと彼らは消滅していただろう。その点でインドは失敗している。


しかし、かつて、種族ごと消滅した先住民がいるではないか?かつて地球上で繁栄を極めた竜たちである。我々は彼らの残滓である化石(舎利)を拝むことができるが(本当に拝む人はあまりいない)、彼らの内の何者かが、ブッダフッドに到達していた可能性がないわけでもない。また、地上からは消えたが、シャンバラと言われる地底の秘密都市や、竜宮と言われた海底の秘密神殿にその爪跡を残している、と言われている。


デービッド・アイクは彼ら竜たちの造り出したシステムにより、月から符号化された信号が光のパルスを通して地球上に送り込まれており、人類はその信号どおりの知覚認識しかできないように細工されていると、説を唱えた。ようするに、リミッターを設けられているというのだ。いわゆる脳の10%神話に近いものがある


では、知覚という衣を剥いだら、所見は何で、また能見は何であろうか?決して明らかになることはない(無明)。


西洋の諸兄の文脈では、我々の感覚は制限されているので、レプティリアンの支配を脱して感覚の自由、リミッターを外せば驚異の世界が待ってますよ、と聞こえる。脱獄した外の世界に希望があるような意味合い。


つまり、我々の魂は室内飼いの猫で、飼い主の陰謀により、部屋(制限された知覚)に閉じ込められている、というのだ!理由としては飼い主が我々を奴隷化してエネルギーを搾取している説。または、外の世界はバイ菌や交通事故でいっぱいなので愛から管理している、などいろいろな理由が考えられる。


今のところ前者の説が優勢。デービットアイクや、EOやロバート・モンローによれば、畑のキャベツよろしく、感情の振動エネルギー、ルーシュと言われているものを搾取されている。


後者の説はキリスト教などに代表されるだろう。我々、「室内飼いの猫」はエデンの園を脱獄してはいけないのだ! ので、飼い主さんの愛を信じよう、という猫の集会みたいなことが羊飼い宗教の始まり。

0 コメント

不動明王と倶利伽羅龍王の正体

不動明王は一面二臂で降魔の三鈷剣と羂索(けんさく)を持つのを基本としている。羂索とはロープのことで、やはり山岳宗教が起源なのだと思う。山は、ロープなしには登れないからだ。不動明王はビレイする人を表しているのではなかろうか?


不動明王の身体は基本的に醜い青黒い色で表現される像容が多い。青黒は死と憎悪を表している他、黒色の代わりでもあった。タンカや仏画では黒色は避けられたのである。黒はドラヴィダ系のインド原住民の肌の色でもある。青黒はまた泥の色とされ、頭頂が八葉蓮華であるのも泥上の蓮を表している。


黒人(ドラヴィダ系)の神が起源である、つまりヒンドゥー教のシヴァ神のこと。


梵名はアチャラナータ。「アチャラ」は「動かない」、「ナータ」は「守護者」を意味し、全体としては「揺るぎなき守護者」の意味である。


不動明王は「不空羂索神変真言経」に「不動使者」として現れる。『大日経』では大日如来の使者として「不動如来使」として現れ、『大日経疏』でようやく「不動明王」と名前が出てくる。不動明王は大日如来の教令輪身とされる。


密教では三輪身といって、仏は「自性輪身」「正法輪身」「教令輪身」という3つの姿で現れるとする。「教令輪身」は、仏法に従わない者を恐ろしい姿で脅し、教え諭す。例えば、ヤマーンタカ(大威徳明王)は阿弥陀如来の教令輪身。


不動明王の炎の後背には迦楼羅炎が浮き出し、鳥類的な特徴も暗示している。


が、ここで注目すべきは、倶利伽羅龍王という龍そのものの登場である。


不動明王の智剣には竜(倶利伽羅竜)が巻き付いている場合もあり、この事から「倶利伽羅剣」と呼ばれている。


倶利伽羅龍王は、不動明王の化身である。

倶利伽羅龍王は、インドの八大龍王の一尊。インド現地の八大龍王である。日本の八大龍王は法華経を元にしており、そうではなく、インド神話における八大龍王のクリカ(Kulika)龍王のこと。陀羅尼集経には「鳩利迦龍王」とされる。


「はじめは不動明王を念ずる功力によりて、この龍を駆使し又はその保護を受くとの信仰より、遂にこの龍を明王の化身とし或いは三昧耶形とするに至れり」『密教大辞典』


倶利伽羅龍王についてのお経さんは『倶利伽羅大龍勝外道伏陀羅尼經』というものがある。


佛説倶利伽羅大龍勝外道伏陀羅尼經


如是我聞。一時佛在王舍大城。爾時、寶幢陀羅尼菩薩、佛にもうして白く。「倶利伽羅大龍はいかなる因縁をもって利劍を呑飮し、四足を以て繞われるや」。

佛、寶幢陀羅尼菩薩に告げて言く。「昔、色究竟天魔醯首羅知勝城において、無動明王、外道と論ず。共に種種の神變を成智す。時に無動明王、成智火之劍を變ず。時に九十五種の外道あり。其首の人名は智達なり。又た智火劍を成ず。時に無動明王、智火大劍を變じて成る。倶利伽羅大龍に四支あり。降三世、軍陀利、琰魔都伽、金剛夜叉等四大明王也。王の頸に蓮有り、名ずけて智火含字倶利伽羅という。高さ十萬由旬也。口より氣を出し、二萬億の雷が一時に鳴るが如し。之を聞き、外道魔王、惡疑邪執を捨つ。


佛説陀羅尼曰

曩謨悉底 のうまくしってい 悉底 しってい蘇悉底そしってい 悉底伽羅 しっていきゃら羅耶倶琰參摩摩悉利 らやくえんさんままりし阿闍麼悉底娑婆 呵あしゃましっていそわか


此呪の威力により一切不詳を除き、諸魔王を降伏す。若し人有て靈氣に惱むものは。姓名を書き、此呪を以って誦すること三七遍すれば靈鬼忽然之○に焚燒するを得る。五辛酒肉を断ち、婦女穢執に染せず、一心に此呪を誦せば、一切の所求決定得圓滿す。時ならずして樹を開華せしめ、四海を山となし、妙高山を海と成す。此呪威力此呪功徳也。氷を焚くこと油の如く、心樹を凹すこと水の如し。一切皆な心に隨う。猶お跋伽梵の如し。故に重ねて偈を説いて曰く

修行者に奉仕すること 猶し跋伽梵の如し

三摩地上を得ること 菩薩と同位

倶利伽羅龍 彼の名字を稱念すれば

現に怖魔障を除き、 後に安樂國に生ず


佛此經を説くを聞き。一切惡魔王九十五種大龍王。大歡喜して信受奉行せり。


倶利伽羅龍王陀羅尼經 終


倶利伽羅龍がなぜ剣を飲もうとしているのか?と言えば、この剣は智達外道が神通力をもって顕現させたもの。対決した不動明王の剣が龍に変化し、智達外道の剣を飲み込んだという。智達外道はおそらくは六師外道の沙門のことだろう。


なぜか対決の構図がモーセのファラオの魔術師との対決にそっくりである。あちらは剣でなく杖だが。蛇が相手の杖を飲み込んでしまうところはほぼ同じ。モーセも「彼ら」の血筋であろう。


重要なのは不動明王の化身として倶利伽羅龍王だろう。つまり「龍」が不動明王であることを言っている。「爬虫類人種」を龍とすれば、不動明王の正体も彼らのことだろうと推測される。五大明王は全て爬虫類人種の性質を表す。明王の王である不動明王では龍そのものが化身として出てくるのは納得できる。


注目すべきは倶利伽羅龍王のサンスクリット語[Kulika]だが、どうも八大竜王のクリカ竜王とは違う意味もあるようだ。


なんとシャンバラの王をクリカと言うらしいのだ。


クラ(部族)を持つものという意味でその種族の族長がクリカと呼ばれているようだ。ただ、シャンバラの出てくる時輪タントラという経典を研究した学者により、学説間の論争になっている。ヒンズー教のヴィシュヌ派の影響の強いのが時輪タントラなのだが、クリカはサンスクリット語ではカルキと呼ばれるのでは?という説があり、クリカはスペルミスなのでは?とのこと。以下、ウィキペディア英文。


As explained by Buddhist scholar John R. Newman, the Kalki are often erroneously termed "Kulika" by Tibetan Buddhist scholars unfamiliar with the original Sanskrit texts:


しかし、英訳をしたJeffrey Hopkinsは、ダライ・ラマ法王の間近で長年研究していた学者で、彼がサンスクリット語のカルキを知らないわけがない。おそらくチベット語の発音だとクリカ "Kulika" に近いものだったのではあるまいか?


つまり、不動明王の化身である倶利伽羅龍王の正体は、シャンバラのクリカ龍王なのではあるまいか?というのが本稿の趣旨である。


クラ(部族)とは《種族》であり…、クリカとは爬虫類人種の王…クリカ龍王なのだ。シャンバラ王は地上のあらゆる武器を無効化して世界を征服するという。《剣を飲み込む龍》はまさにそれを表しているようでならない。


画像はレプティリアン的特徴をよく捉えている倶利伽羅龍王。埼玉県は不動沼の倶利伽羅龍王。

0 コメント