"Equinox"について


卍 このHPは、仏教とオカルトと占術の研究ページです。

         

管理人:HEBI ©Equinox


●●には魂がない

「●●には魂がない」という表現たまに聞きますが…これは「去るものが去る」といったような奇妙な表現です。パンツを二回履くような表現です。靴の上に靴を履くような表現です。

もはや●●と指定されている以上、●●は●●であります。「●●には魂がない」というよりかは、「●●は存在しない」「●●は虚構である」ということかと思われます。

ところが、●●は実は存在しない、●●は実は虚構である、という表現は、●●という前提を必要とします。

「●●は虚構である」または「虚構であるものは●●である」となります。虚構であるためには、前提としての●●=虚構であったものの提示が必要です。「虚構である」といっただけでは、何が虚構であるかわかりません。述語には主語が必要です。

●●は虚構であり、虚構であるものは●●である。

虚構である、これを仏教的に言うと、空である、と言われます。空は単独では言われえず、セットになる実体とされていたものを必要とします。

色不異空 空不異色

形態は虚構と異ならず、虚構とされるものは形態と異ならない。

例えば、犬や猫の形態は虚構と異ならない。この場合言われている犬や猫は、構想された概念的な犬や猫です。前後裁断されてます。概念知により分別され、確定された犬や猫です。

色不異空

観察者にとって概念的犬猫には形態は含まれません。観察者にとって、概念的犬猫の形態は虚構(空)と異ならないとされます。


概念的な薪は前後裁断されており、形態どころか、因果を伴っておりません。木から造られていないわけです。燃えて炭のようにもなりません。薪は徹頭徹尾、薪という意味を持ちます。


空不異色

(観察者にとって)

形態に対しての意味が虚構の場合を言っています。概念的意味を剥奪された形態。犬や猫の形態だけが残り、意味はわかりません。それが何だかわからないわけですが、形は認識できます。何だかわからないものがワンワン、ニャーニャー音を立てています。


例えば薪から薪という意味概念を抜きます。すると、木製の棒状の物体の形態が残ります。意味概念を抜いた(空)ので存在理由もわかりません。が、そこにそれは突如してあるわけです。こちらでも因果は断たれます。    

0 コメント

大阪の台風、北海道の地震

なんか大変なことになっていますね。私はこの時、公案を解いていたのですが、ふと解けました。公案の解は言っても人のためにならないなー、違う伝えかたをしなければ、と思案していたら蚊が私に止まっていて、腕を振ったら壁にぶつかり蚊が潰れ壁に私の血の点がつきました。奇妙な模様のようなものができました。

その時、ちょうどその時に北海道に地震のニュースあり、どれも関係なさそうですが、タイムリーに殺生と地震が重なって、意味もなく焦りました…

意識が目覚めたときに、不殺を実行していないと世界に影響するんではないかという感覚あり、戒律はそのためにあるんではないか、と…
     
スキゾな感覚でした。
 
防災の準備しましょう。それと、自衛隊情報でウンタラカンタラで地鳴りから6時間以内に…というデマが広がっているようです。注意したいところです。

台風の影響で、関西のお寺さんは大変なようです。修繕費なども、檀家さんも被災してますので、苦しいでしょうね。
0 コメント

神隠しとボランティア

マスコミの報道や騒ぎがひと段落したから書きますけど、例のスーパーボランティアのお爺さんが子どもを見つけた件。


お盆に2歳児が山で失踪なんて、確実に神隠しです。また、向こう側から連れて帰ってくるボランティア爺さんも、また向こう側に行き来できるほど、あちらに近い人なんだろう。警察も大臣も関係なし、という台詞は、法律とはまた違うルールを言っているようだ。日本的霊性というもの。向こう側とこちら側の契約ということにも思える。2歳児は数奇な運命を歩むかもしれない。


ちなみに、2歳児の神隠しにあったのは、屋代島。イザナギ、イザナミの国産みの7番目の島。大多麻流別(おほたまるわけ)。大島とも言われる。


それにしても、8月は忙しかった。お盆の忙しさは特別ですね。迎え火の蝋燭が綺麗でした。

0 コメント

なんか変

なんか変なんですよね、最近。変な感覚がある。まー異常気象とか、地震とか、なんとかかんとかもありますけれども。なんか変だなー、と。

ミサイルの夢見ましたよ。北は沈静化したはずなのに。いや、あの2人の約束だと、何が起こってもおかしくはない。

鳥類にも進展はありました。

オウムの残りの6人処刑されて、13人。キリストみたいじゃないですか。そう見られるとわからない数にすべきなんじゃ?10人とか11人とか。これでは政府の悪ノリです。

原発テロとかなきゃ〜いいですけど。

お盆は忙しいですね。盂蘭盆経ばかり読んでます。雑草がものすごい勢いで生えてくるので、お寺の草引きが大変です。月刊住職とかいう雑誌があり、なんとどの除草剤がいいかの記事がありました。

あとは、ハチ!私はアシナガバチに2発刺されました。ハチは暑いと気が立っているんですかね。アナフィラキーショックもなく…ハチは刺されると、熱い。軍手貫通しました。皆さまもお気をつけください。
0 コメント

1週間

先の麻原処刑含む7名処刑から1週間経ちました。『ダンテス・ダイジ殺人事件』の記事が、不気味なことに読まれ続けていることが、グーグルアナリティクスのアクセス解析により確認できます。1週間で84人読んでますから、1日12人!

ダイジの本がオウムのネタ本になっていると、苫米地氏が言っていましたが、「ニルヴァーナのプロセスとテクニック」のことかと思われます。まぁ、あれはパワーある本でしたからね。

「アメジストダブレット・プロローグ」とか「絶対無の戯れ」のほうはなかなか言われないのかな?

苫米地氏はカーネギーメロン大学とか変においしそうな大学に入って、きこ書房で大量に自己啓発本を出してるあやしい人と認識しておりました 笑。オウム関係も詳しく研究しているようです。なんと、苫米地氏は天台宗の門跡寺院で得度してるんですね。滋賀県の近いところで私も得度してますので、奇妙な気分ですね。

ところで、デザインをシヴァ神に変えてみました。別にオウマーというわけではなくw 画像は好きな某レーベルからの画像を改造して作りました。

0 コメント