Equinox


寿萬寺

         

管理人:JUMANJI ©Equinox


時間は流れていない


 0.1秒前の過去と感ずる方角から光が反射して現在に投影され、0.1秒後に現在の光の反射が脳内に投影される。時間にしておよそ十刹那である。この十刹那のタイムラグは永遠に超えられないので、極楽浄土までの十万億土の距離と変わらない。この十刹那のタイムラグが現在の前後を裁断しているのだ。


 喩えて言うならばビデオで撮ったものを0.1秒後に再生し続けている。では、ビデオテープに時間は流れているか?厳密には流れてないだろう。脳に投影された映像は刹那過去の再生なので、時間は流れていない。つまり、現在去りつつある体感時間は、已に去っているため、去らないのだ。また現在撮りつつあり、0.1秒後に再生される映像は、まだ発生していないので去っていない。


 視覚野に再生されていないが、感受作用中(去りつつあるもの)は身体機能上のブラックボックスに隠されている。そこに時間は流れているのだろうか?いや、時間は流れていないのだ。読者は隠されてはいるが感受作用が働いていると推測できるので現在進行形で時間は流れているのではないかと反論するだろう。


しかし、この推測がそのまま答えなのだ。感受作用が自らのはたらきやその時間を知覚するということはなく、感受結果から遡行して推測した結果、時間が流れたと推測しているにすぎない。この遡行して因果を推し量る能力こそが時間の流れの正体だ。


 認識の外に時間は流れていない。たとえ作用が確認されても、その作用に時間は存在しない。時間の流れを感受する知覚器官など脳や体のどこにもないことは最新医学の研究でわかっている。それがないのは、時間の流れが本来存在しないからだ。あるのは[因果を推測する脳のシステム]である。知覚対象のそれぞれの関係性()、因果関係を分析して時間の流れを再構成しているのだ。


 認識の不在という闇の中、時間は存在せず、バラバラな情報の束を、我々の脳に予め備わった[因果を推測する脳のシステム]が時間を成立させている。時間は流れておらず、我々の肉体という衣の裏に予め縫い込まれた[因果を推測するシステム]という宝珠が因縁果報に沿って頭の中で再構成したのが時間の流れである。実際の脳の外側では光と音やその他情報のカオス的な嵐である可能性が高い。


 実際のところ例えば桜は人間のように脳で四季や暖かさを知覚するわけではないが、その時と温度を原因として感受し、結果として春に開花する。これは桜が時間を知覚しているわけではなく、ある条件が整うと開花するように識(DNA)が構成されているからである。つまり、ある条件が整うことにより、時を知るのだ。この諸条件を[縁]という。

0 コメント

タイムラグ

モノの色、形について。モノの色、形は光の反射を眼により把握する。


光の反射は、涙液層・角膜・房水・虹彩(瞳孔)・水晶体・硝子体を通って、網膜に達する。光は角膜・水晶体で光は屈折作用を受け、虹彩で光の絞り作用を受け、網膜の光受容体に達する。網膜に光が衝突すると、その衝突エネルギーが電気エネルギーに転換され、1次ニューロン、2次ニューロンを伝達し集まっていく。そして電気エネルギーは眼球の視神経を伝達、左右の視神経を半分ずつ入れ替え、3次ニューロンを通り側頭葉・頭頂葉に伝達され、後頭葉の第一次視覚野に至る。第一次視覚野に集められた電気情報は 視覚連合野に伝達され、視覚を統合して形象を再形成する。だいたいここまでで0.1秒かかる。現在我々が感じている現実は0.1秒前の世界の再構成されたものである。0.1秒のタイムラグがあるのだ。そして、再形成された認識内形象と記憶にある概念を結びつけて把握し、それに対して主観的意志として反応をするのにさらに0コンマ数秒ほどかかる。


①我々が感じている現在の感覚は0.1秒前の世界である。神経伝達と情報の再構成に刹那時間がかかる。したがって私たちの現在感じている世界はもはや存在していない。世界は虚妄である。過去は物理的には存在しない。

②では、現在感じている世界と同時進行で五感により感受されている情報は0.1秒経たないと認識できない。0.1秒未来に再生される色や形はまだ発生していない。よって私たちは現在の世界を現在としてそのまま認識することは不可能である。現在は認識できないのだ。


現象と感覚の間には永劫とも言える距離がある。この距離により認識上の形象は真実ではない、バーチャルな世界とも言える。我々は0.1秒前に撮ったビデオを再生し続けているのだ。そして、撮られた世界は刹那前に消滅している。この撮られた世界の連続が認識である。我々は先天的にメタバース上にいると言ってもよい。そうしたことから、モノと認識上のモノが剥離すると、モノはモノと考えられるのか?という疑問が導き出される。この疑問が唯物論に対する剣である。

0 コメント

カースト

 輪廻概念が古代インドで芽生えた時に、バラモン階級がある入れ知恵をした。魂の階級、生まれ変わりにも階級があり、「天界」、「人間」、「畜生」、「餓鬼」、「地獄」の5種類とした。これをバラモン教の「五道」という教えである。支配階級のバラモンは、この死後に関わる「五道」の思想を、現世の社会階級にまであてはめた。天界の神々の下にバラモン(司祭階級、人間)、クシャトリア(武士階級、畜生)、バイシャ(庶民階級、餓鬼)、スードラ(奴隷階級、地獄)を定めたのである。バラモンはヴェーダの戒律に沿って生き、クシャトリヤは武術の自己訓練、正しい行為に沿って生き、ヴァイシャは金銭的欲望に従って生き、スードラは感覚的欲望に従って生きるとされた。当時のバラモン教の教えでは、輪廻してもよほど徳を積まない限り、同じカースト階級に生まれる、というものだった。奴隷階級のスードラ、女性、さらにはその下のアウトカーストの人々は、一回しか生まれない一生族[エーカジャ]とされた。虫や家畜と同じようなもの、として扱われた。一生族ではないカースト、バラモン、クシャトリア、ヴァイシャなどの階級は、バラモン教を熱心に信仰し、徳を積むことで、次の人生では上位のカーストに生まれ変われるとされた。カースト最高位のバラモン階級の男性のみがヴェーダの祭祀を学び、マントラを唱え、再生のない永遠まで到達するとされた。それが解脱とされた。つまりは、アートマンがブラフマンと合一することである[梵我一如]。バラモン教の解脱は梵天との合一であり、天界の永遠のことだった。バラモン教は、カースト制度を利用して支配体制を確立した。これは、マインドコントロールによる社会支配である。


しかし、ブッダはカーストを否定し「誰でも修行すれば解脱できる」とした。支配階級のバラモン教と真っ向から対立、弾圧を受けることとなった。

0 コメント

茹で蛙

 世界の富の半分を占有し続ける西側の10人の白人、邪教イスラムにより民衆の富を独占し続けるアラブの王族、間違った一国共産主義により少数の赤い貴族が富を独占し、人民を苦しめる格差が資本主義国家以上になっていることに気づかないふりの中国、隣りの小国を侵略するロシア帝国主義、それを支持するロシア正教会。


 特権階級以外の、月収20万円前後の階級はコトコト弱火で煮られている。強火でさっと茹で上げるのが戦争やジェノサイド、強制収容所。真綿でじわじわと首を絞められるか、いきなりピストルでズドンとされるか、どちらにせよ死ぬには変わりはない。


 カエルは、いきなり熱湯に入れると驚いて逃げ出すので、常温の水に入れて徐々に水温を上げていっている。大衆は気づかず、逃げれない。

0 コメント

毛沢東は死んだ

 最も貧富の差の激しい共産主義国家であるお隣り中国。赤い貴族が人民から離れさること十万億土。こうなるのは、当たり前です。共産主義は、AIとロボットが誕生したら成立しない。マルクスと毛沢東は(ひょっとしたらスターリンも)AIとロボットを目の当たりにしていない。中国が進めた科学技術の発展は皮肉にもマルクス主義の綻びを示してしまった。


 考えてみてください、1200万円して5年は保証のあるロボットと、1人年収300万円で3年継続するかわからない、たまにストライキする労働者、どちらがいいですか?ロボットのほうがよいので、役に立たない労働者は淘汰されて食えなくなる。ロボットを制御できるエンジニアは必要ですが、エンジニアのような専門職と、彼らを統括する官僚がいれば国は成り立ちます。しかし、大多数の人的労働力は必要なくなる。食えなくなる。


 逆に、原始時代に戻って生きようとしたポルポトは、科学知識の少しでもある人を皆殺しにした。しかし、重農共産主義国家は科学技術が兵器と医学に生かされ発展した国に、絶対勝てません。なので、中国は絶対にポルポトのように退化はできない。欧米に対抗して進化する以上、淘汰される人民はものすごい数になり、ひどいことになります。


 この淘汰される人たちを大躍進の時のように餓死させるようでは面子に潰れる。しかし、彼らが食える道が一つだけあります。人民解放軍です。戦争の訓練をしてればベーシックインカムが与えられる。そして、実際に戦争の時に投入すれば、お国の役に立ち、死んだとしても国家予算的には助かる。戦争でぶんどった利益の何十㌫かを遺族年金に回せばよい。でも、戦争もAIとロボットが出てくるでしょうし、ほんと淘汰のための戦争。

0 コメント

ཨོཾ་མ་ཎི་པདྨེ་ཧཱུྃ